勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/27(月)   CATEGORY: にゅーすから
ぬううううん( '_')
ボーと新聞よんどると地域版(栃木)に二つの死亡事故( '_')

えーと、片方は22歳がバイクでなにかおこって転倒で死亡。
もう一件は25歳の会社員がガードレールにぶつかり対向車と衝突。
25歳会社員ほか、あたられた方の男性も死亡('_`)

ネット版では車線変更時に運転操作をあやまったか40歳男性が
中央線を越えて対向車と衝突、あたられて側の男性が死亡(~へ~;)

なんとも、うーん・・・

バイクの件はよくわからんのでおいておくとして
対向車と衝突という二つの件には共通してるところが。

通称走り屋車系('_`)

栃木の方はようわからんけどなんかエアロつけた奴で相当とばしてたそうで
もう一件の方は写真からスバルのレガシB4。

B4走り屋車ってのはあれかもだけど速い車だわな( '_')

まあ保険料から見ても通称「走り屋系」の車っちゃ保険料高いので
事故おこしてるってのは間違いないんだけどもねい(~へ~;)

いっそのこと時速100キロあたりから安全にスピンを体験できる
施設でも作ったらどうだろうか( '_')

ツインリンク茂木にあるアクティブセーフティパークのスキッドリカバリーの
ような強制的に車をスピンさせようとする機械を体験するとわかるのだけれども
30キロと40キロで相当に立て直しやすさが違うし運転操作を誤れば
立て直せないという経験ができるけども

30、40キロって今の世の中現実的な数値だろうか?

ちなみに過去、60キロで進入して車を全損させた某N社系整備員(運転自信有)
がいたそうで現在同設備では30~45キロでしかスピンを体験できないんだけども
今の車で30~40キロでスピンてどんだけ整備不良してればいけるだろう・・・

てか30~40キロで立て直せなくてぶつかっても直接人に当たらなければ
問題はないわけで、問題はその上の速度の体験だろう。

車っちゃ鉄の箱だからなんとも硬そうに感じるかも知んないけども
なんのことはない、戦闘車両とかじゃないので建造物とかにぶつかったら
いとも簡単につぶれるもんである。

過去の体験談からいえば築25年ほどの一般家屋に車を突撃させたとしよう。
壁面に突撃すれば勝つけど、鉄筋部分あたった箇所は完璧に負ける・・・

という経験は恐らく中々できない(というかしないようにw)、実験なども
行われていないだろうけども、その程度の頑丈さしかないというのは
頭にあった方がいいかなぁ・・・

もう一つ、100キロからのスピン。
実際にレースなどをやればもっと速い速度でスピンする経験もあるだろうから
「そんなもん」と思うかもしれない。

これも体験談なんだけれども正確には日光○○高原有料道路で120キロから
スピンしてブレーキ痕跡12メートル(発生後計測)、多分3、4回転スピンして停止した。
↑真似しないように\(゜ロ\)(/ロ゜)/(その後免許なくしてます)

時速100キロでも制動距離112mくらいかかるよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
というもんなんですが、足周り一か所とホイール一個を犠牲に
中の人は無傷で済みました( '_')

死ぬかと思った('_`)

なにが死ぬって○○高原の駐車場って大体傾斜がついてるわけで
あそこでテンパータイヤに交換して自走して(足周りの破損は軽度)帰ってくるのに
交換の時ジャッキが曲がる曲がる( ̄□ ̄;)!!

ジャッキ三個もってなかったら帰ってこれなかったなぁ・・・
↑普通はもってません( '_')・・・もしくは他の人とつるんでいきます

でもこれを体験しておくとちょー勉強になるというか、
車が山側にぶつかってくれて停止したので生きてますが
ガードレール側なら転落してるっちゅうものすごい恐ろしい経験でして、
これを安全に体験できるっていうの無理かなとも思うけれども
この経験で車の怖さを知ったような気がします( '_')

自分が大丈夫と思ってる速度と車の状況が耐えられる速度は違う

これ普通に考えてみるとあたりまえのことで、誰かが書いてれば
何を今更と思う人も多いと思いますけど

あたりまえのことって案外、あたりまえじゃない

わけで。

考えて思っていることと、実際は違う、それを理解したとしても

車の状況を把握して運転している人がはたして何人いるか

乗る前にタイヤの空気圧や溝をチェックしたり、できるだけ状況を
理解できるように補器をつけたり、すでにサーキットなどで愛車の
限界を体験していればわかるでしょうけども、そういう人ならさほど
心配はいらないわけで。

問題はロクすっぽ整備もせず、車の状態もみず、工場からでたまんまの
高性能ででるスピードをまるで自分の腕の良さででているんだと
一般公道でアピールするような走りをするドライバーかなぁと。

まあ冷静にいえば本人以外は誰も速いと思ってないわけで。
「ただあぶねー」あるいは「荒い」運転だなぁと見てるだけなわけで。

そんな勘違いを単独事故で地獄までもってってくれればありがたい
わけですが、今回のケースのように他人を巻き込むようなことだけは
すんなやと。

そこいら「筋」を通せば車や人いない場所でちゃんと管理した車で
少しくらいとばすヤンチャはまあしゃあないかなぁとは思うけど
過去の過ちでトバすにトバした結果、色々と経験してそれは
今の人生に役立ってはいるけど「なんか意味があったのか?」と
言われると「なんもない」と答えそうな・・・

ま、おいらが生きててこうして書いてるのはただ運がよかっただけなわけで。
運が悪ければ4回くらい死んでそうだなぁ・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。