勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/04/29(水)   CATEGORY:
天使と悪魔
別に登場する項目のいくつかについて「事実である」という表記は
いらないような気がする。

創作であろうがおもしろい本はおもしろいのであって、それは
暇つぶしの時間を有意義に過ごせればそれでよし。

ダヴィンチコードのダン・ブラウン作「天使と悪魔」。
本自体は日本で2003年に出ていたそうなのでちょい古いですが
ダヴィンチコードに続き「映画化」されるとのことでセブンイレブンで
文庫版が並んでおりましたので早速購入( '_')・・・

冒頭の「事実」という表記。
これは物議をかもしだすのでうーんだけども「物凄くよくしらべてはるなぁ」と
関心つつ読んでいると・・・

おもしろいんだけど物凄く忙しい話です(;一一)・・・

主人公はダヴィンチコードと同じロバート・ラングドン。
朝眠っているとこを叩き起こされることから始まり・・・
と内容は買うか立ち読みで読んでもらうとして・・・

「忙しい」
ちょっと時間的制約がありすぎる話ではないかというのが正直な感想。
物語の主要部分はたったの「6時間」ほどで展開されるのだけれども
時々30分や1時間がドラゴンボールの放送がごとく凝縮される。

それでもおもしろいのはおもしろいのだけども中々に「酷」な
真犯人へと物語は突き進んで行き・・・

物語だなぁと・・・

真相に到達せずとも、途中の大演説あたりから平和的な解決が
はかられ人死にが出ないエンディングみたいなもんも内容は薄くなりそうだけど
あってもよかったような気がするというか、途中で真犯人がわかってしまう
展開はちょっとあきるというか・・・

ま、でも文庫版でいうところの「中」までのぐいっと惹きつける内容はなかなかです。
GW暇してるのなら暇つぶしにお勧め(´-`)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。