勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/26(木)   CATEGORY: ぷち怖い話
ぷち怖い話 23
今回で23回目を向かえるぷち怖い・・・
(._. )( _^)(^_^ )( ^_^)・・・この題名で書くのは
全然23回目じゃないんすがヽ(´-`)/w

てけとーに怖いので続きます
「10年位前によ。」

そう語るのは昔の事はなんでも十年位前にしてしまう老年の先輩である。
初老どころか定年間近のように見えながら実は50代前半なのに
昔の事は十年位前にしてしまうてけとー愛すべきボケ先輩である。

だからこの日の話もぼけ話しだとばかり思って聞いていた・・・

「会社の前によ、おっきな道あるべよ。」

それはトラック街道とも呼ばれる片側二車線の道路で
今でこそ大型トラックの速度規制装置のおかけで比較的走りやすくなったが
かつては一般車両さえトラックにあわせて100キロほどのスピードを
だしていた街道の事・・・

多分
↑ボケた先輩のいうことだけに|_・)

「あそこでよ・・・やっちゃったんだなぁ。」

やっちゃった・・・
エロ爺としても有名な先輩だけにいろいろととれる表現だが
顔つきがエロではないらしい

「勘一もおぼえてねぇかい?。寒い日でよ。飯くってから休憩所に
 戻ってくるときにドーンてなってよ・・・確かいたよなお前も・・・」

・・・二年前に今の職場にきたばかり|_・)

「やっちまった!、誰か警察呼べ!。やばいぞっ!。てさ後から聞いた話しじゃ
若造が信号無視して渡ってきた車と衝突してよ、衝突された方がうちの会社の
カドの電柱につっこんでくの字曲がっちまってたんだよ。」

・・・嫌な予感が背筋をかける・・・

「んでよ、昔はさ・・・お前もいたよな?。」

二年前にきたばかりです( '_')

「昔わさ、うちの工事用の植え込み低くてさ。みにいっちまったんだよなぁ・・・」

・・・・いくなや('_`)

「はじめてみたな・・・フロントガラス真っ赤でよ。ああこれが助からない
 事故かってよぉ。」

('_`)

「んでよ、ぶつかった方の奴が叫んでんだよ。誰かなんとかしてくれよ!って。
 なんとかしようたって誰もなんともできないだろうよ・・・最後は獣みたいに
 叫ぶだけになっちまってよ・・・あれからだよなぁ車って怖いって思ったのは・・・
 でもよそんなことすんならなんでそんな運転すんだよって奴だよなぁ。」

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)とうなづく人ばかりではないと思う。
かくいうおいらも若い頃は「なんぴとたりとも俺の前ははしらせね~」と
「俺はしなねぇ」と本気で思っていた「時期」があったからだ。

単純に言えば経験と知識不足のなせる馬鹿げた自信なのだけれども
そういうのがない人にはまったく理解できない話だろうけども
問題は「そういう状態にある人にもまったく理解できない話」なことである。

これが怖い。

おいらは運良く「俺様無敵」系の走り屋だった兄貴が交通事故で
ぽっくり逝ったことや何回か遭遇した事故現場やら自分で実際に
危険な運転をしてみた経験から「降りる」ことができたが、もし無謀な
運転をするのならうちの先輩が話したような出来事を頭の隅に
おいておくのもいいんじゃないかと思う。

おいらはトバして単独の死亡事故ならどーでもいいと思う方。
誰も巻き込まない場所、時間、これを選んでただ走るためだけに走る。
誰かとつるみたくて公道でトバすっていうんなら他の方法を考えるべきだ。
とにかく「誰かを巻き込む」、これだけはしないほうがいい。

やった後、獣のような叫びを上げるのは自分だけじゃない。
殺された遺族の声も獣の叫びのように自分に返ってくるからだ。

・・・と、場末のブログに書いたところでさほど意味は
ないんすがヽ(´-`)/w

知性のある人間があげる獣の叫び。
これをきくっての案外怖いかもしれません( '_')・・・

先輩ぼけてるんで本当にあった話かはてけとーですけどねヽ(´-`)/w
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。