勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/06(金)   CATEGORY: うだうだとーく
てけとーPSP
携帯してないけど携帯電話がプルプル震える( '_')

長いので続きます(;一一)
勘一「はい勘一です。御用の方はパソコンのメアドにでも
    メールしてください( '_')。」
知人「ちょ、電話でてるじゃん。」
勘一「おーおいらの少ない休み時間を妨害する気かー(´-`)。」
知人「大変なのよ。」
勘一「なにがー?。」
知人「PSP壊れたから直して!。」

・・・PSPが壊れる→おいらに電話→( '_')?

勘一「・・・壊れたならソニーのサービスだせばいいやないの?。」
知人「違うのよ!、もってくからなんとかして!。」

・・・と言われても(~へ~;)。
数十分後、知人来訪。

知人「これこれ。」

と渡されるPSP・・・
スイッチを入れる→UMDちゃんと読む。
これといって壊れてそうなところはない( '_')

勘一「(~へ~;)う-ん・・・こわれてないやん。」
知人「違うって!、ほら画面消して、ほら。」

画面消してみてみると・・・画面の中央にヘアライン傷とその脇に
どっかにこすりつけたような傷・・・

勘一「景気のいい時の任天堂でdsなら無償修理だったなぁ・・・」
知人「PSPだし!、景気悪いし!。」
勘一「なんでシールドとかつけてないかなぁ(~へ~;)。」
知人「だってお金かかるし。」
勘一「・・・で、おいらになにしろと。」
知人「なおして、いますぐ。」
勘一「ここソニーのサービスじゃないよ`s(-'-;) 。」

知人「じゃあ交換、3000と交換!。」
勘一「・・・まだ買って一週間なのに('_`)・・・目立たなくなれば
    いいんかなぁ?。」
知人「目立たなくなるの?。」
勘一「やったことない、ぶっつけ本番。」
知人「じゃあ失敗したら3000と交換ね。」
↑もちこまれたのは2000

勘一「それなんのメリットもおいらにないような・・・」
知人「じゃあご飯作ったげる。」
勘一「安上がりな・・・」
知人「なんか文句ある?。」
勘一「ありません┐('~`;)┌。」

おしきりに弱い勘一です(´-`)

さてはてヘアライン傷なんてゲームやってる時にゃ大して
気にならないもんですが気にする人は気にするもの・・・
なら保護シールドでもつけりゃいいのにつけずに付けてしまう
なんかセオリーみたいなルート・・・

ようするに浅く傷がついて線になってるわけだから・・・
クリアのテープを張って透明粘着部分を密着させて目立たなくするか
あるいは浅い傷に透明ななにかを埋めるようにして目立たなくするか
・・・削ると言う選択肢はかなり細かな液体コンパウンドでもあれば
あるものの失敗した時のリスクも高いので・・・

知人「なにそれ?。」
勘一「プラスチック非融解無臭シリコンスプレー(ホームセンターで買える)」
知人「でなにするの?。」
勘一「修理すんの( '_')。」

プラスチックにも使えるガラスマイペットで表面の汚れを落としてから
シリコンスプレーをちり紙にひと吹き。
画面部分をさっとなでて液体の残っている部分もちり紙でふいてから
眼鏡拭きの布で表面の油脂成分をふき取ると・・・

知人「なんか頭よさそうに見えるよ勘ちゃん!。」
勘一「・・・(今まで頭悪いという評価か(;一一)・・・)。あんまゴシゴシこすると
    でそうだから あんまゴシゴシこするでねーぞ(;一一)。」
知人「ほんと?!。」

ゴシゴシ←・・・・・・(・_・。)・・・

知人「でた。」
勘一「・・・・・・・・・・・・・・だからでるといったろうに (▼、▼X)!。」
知人「でもこれあればすぐ傷消えるし・・・頂戴。」
勘一「(~へ~;)・・・かってきなさい。」
知人「えーケチケチしないでいいじゃん~。」

この後、色仕掛け含めて押し切られました('_`)

なお今回ヘアライン傷を消した方法は確かに一時的に消えますが
やり方によっては症状の悪化や他の不具合をだす可能性もあるので
非推奨ですヽ(´-`)/w

まあ小手先が器用ならここから発展させてこすっても大丈夫な
修正も可能かと思いますので「考えれば案外簡単」という
参考程度に・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。