勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/08/15(水)   CATEGORY: にゅーすから
終戦記念日を前に…
昨夜NHKで「パール判事のなんたら、東京裁判 しられざる攻防」だかなんだかいう番組がやっとりました。

確か東京裁判にかかわったイギリスだかなんだかの判事が唯一「全員無罪」という反対意見を述べていたことを取り上げた内容のようでぼーと見てはりましたが…当時の世情から考えると勇気あるなぁと思える行動どした。

日本が過去に起こした戦争の責任、これがすべて無実であろうはずはなくこれは償わなければいけず二度と繰り返してはいけないこと、ではなぜ東京裁判の被告全員を無実とした意見をだしたのか。

それは侵略戦争を侵略戦争後に作られた法で裁いていいものという観点りもの。
ようするに勝者側の考えに基づき戦後に考えられた国際法に基づき裁判を行う事に対する反論みたいなものように感じられました。

例えばその判事さんの論調でいえば「広島長崎に原子爆弾を落とした行為はナチスに唯一匹敵する」という風に、勝者の考えではなく勝者敗者を問わず「侵略戦争の犯罪の是非を問うのならば無差別大量虐殺に関して勝者、敗者を問わず罰するべき」という考え方の様子。

なぜそうしなければならないか、それは単純に「二度と戦争を起こしてはならない」信念であり、決して侵略戦争に罪がないということではなくいわば当時作られた「ザル国際法」に対して反対意見だったのかなぁ…と受け止めました。

その判事さんが言っていた言葉にこんなニュアンスの言葉が。

「日本は緑の多い美しい国だ。なぜこんな国が戦争を起こしたのか私にはまったく理解できない。」

それを聞いてなんか無情を感じまして…
今の内閣は戦後生まれ初の内閣として「美しい国」を目指しているのに過去外国から来た人が「戦後まもない日本を美しい」と例えた。

これは当時の市民生活を資料などから推測するに大変な時期なので自然などを捉えて言った言葉だと思いますが、かつて外国人の目から見て日本は「美しかった」。
今はどうなんだろう…必死こいて「美しい国」を目指さなければいけない日本てどうなんだろう?。

そもそも戦争がなかったらもっと美しい国だったのかも知れない。
戦後日本の復興というものをすべて否定する事は決してできないけれど美しい国にもいろいろあるだろうと。

それは自然が美しいのか、人々の心が美しいのか、ただ見た目だけが美しいのか…平和憲法という世界唯一のものを持つ国が凶悪犯罪に頭を痛める…失敗したなんて他国に言われかねない現状をいかにして打破していくのか、美しい国に求められるものはその具体気的なものなのではないかと思う。

しかし、ほんと外国の人にも心意気のある人がいたもんだと思う。
世界に対して表だって「核の使用は大罪である」と表明しようとした。
それは公の場では達成できなかったものの、現代になりそういう人がいたことが公開される、逆にいえばアメリカを中心とする連合国につぶされた意見からすれば勝者の都合によって戦後がきまったととらえられなくもない。

60数年前、平和を願い東京裁判に異を唱えた判事の考えは正しい。
それは彼の考えとおり、第二次世界大戦の勝者の考えが押し通されて混迷する世界情勢が存在する事が証明する。

だからといって侵略戦争や虐殺行為を正当化するわけではなく「戦争そのものが悪」なわけで「正義の剣」なんてものは存在しやしないのだと。

どんなに体裁を整えようと非戦闘員に被害が及ぶそれは正義の剣を振りかざそうがどんな信念だろうが悪であると。

自衛隊の派遣の是非が取りざたされる昨今、平和憲法を持つ国家として反対か否かではなく戦争の片棒を担ぐのはいかなる場合をもってしても否であるといえる政府でもいいのではないか。

まあそうなると丸腰で戦地に行って復興活動中に殺されてこいと言うのかという話になるのかもしれないけど災害発生地域や難民キャンプの救難活動や医療活動などのスペシャリストの自衛隊でもいいんではないかと思う。それも十分に国際貢献ではないだろうか。

敗者だからこそ手に入れたものはある。
勝者では手に入れられないものがある。

その敗者が勝者の考えにそって勝者の悪いところにくっついていく必要はないのではないか?
戦後60数年、やっとそれが現実になる可能性を秘めた政局。

混迷した時期と言えると同時に「おもしろい時期」なのではないかと個人的には…
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。