勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/08/07(火)   CATEGORY: にゅーすから
尻に火がついたのは?
考えるのはタダ、ある意味究極の暇つぶし(^-^)

昨夜書いたヅ…「ズレ」の異なる見方を思考してみやした(-"-)

今回の参院戦で「尻に火がついたのは?。」誰なのか…

第一に支持率急落の安倍内閣、これは順当にいけば尻に火がついてそう。

第二に「自民党」これも火がついてそう。

第三に民主党。大勝したんだから尻に火はついてなさそうなのだけれども…

個人的な見方でいえば今回の参院選で尻に火がついたのは「民主党」と「自民党」ではないかと思う。

一番炎上してそうな安倍内閣。
燃えてそうで燃えてない気がする。

「うなアホな」って感じもするけれど、

「これ以上燃えようがないとこまで元々選挙前まで燃えてる。」

いわば燃えカスである。一番下にいる状態で「辞めない」と表明している場合、これ以上さがりようがないがないのだから負けようがなにしようが尻に火がつくことはないだろう。

自民党は国民の一票の力を目の当たりにして選挙対策で下手を打てない。たとえば強引に安倍内閣を追い詰めて解散総選挙なんてのに持ち込まれたらどーしよもならないし、できるだけ国民の支持を集めるためには民主党より失敗はできない、確実に尻に火がついている。

そして勝ったはずの民主党は自民党に等しく「下手を打てない」。
政権未経験という心配もあり、民主党自体への支持ではなく自民党離れが進んだだけであることを考えれば下手を打ったら即、支持なぞ離れてしまうだろうから慎重にならざるをえないわけだ。

上記は主観であって実際にそう思っているかは知らない話。
自分の脳内でわかることをまとめていい加減に判断しているだけの話程度なのだけれど…

もし本当にそうなら…比較的自由に動けるのは意外に安倍首相。

どういう方向に自由に動けるかというと国民の支持を得る為の法案つくりにである。

国民の利益になる法案、あと国会議員の襟をただす法案。
これに対して自民党も民主党も強くは反対できない。実に改革はやりやすい状況にあるといえなくもない。

国民に利益があり、国会議員の襟を正す…そういう法案が通りやすい状況は「美しい国」の第一歩としては悪くないような気もする。

それに状況がどうあれ「自民党の破壊」と言う面において安倍首相の行動は小泉前首相よりも「確かに破壊した」わけで密かに過去60年誰もできなかった自民党の破壊を「ただ続けるだけ」で実行中なのはある意味驚異ともいえる。

こんな風に物事を違う側面から考えてみると案外立場が逆転したりするからおもろいもんだと思う。

ちなみに茶飲み話でそんな会話を会社の人としとって安倍首相個人がそんなこと考えて行動しているのかの話になって

同僚「小泉が裏で糸ひいてそうだよなぁ~。」

ときたのでおいらが答えた言葉は…

勘一「嘉朗しょ。ちよ○ちに似てるし('_')。」

キャスティングボードを握る町内会のオヤジ(-"-)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。