勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/05/24(木)   CATEGORY: でじかめ
なるほど( '_')
5とは相性が悪い!
と思っていたのだけれどイベント撮影は5の仕事が多い( '_')

多人数に結果を見せることになるイベント撮影において結果的に
万人受けする絵→K-5、5DMark3、P510、何故かSD15w

撮られた本人とそれをいかに撮るのが難しいか(スポーツなどの選手などや
また被写体を知っていて選手の状態などを把握している人)を理解
している人に受ける
→K01、SD1
(いずれもおいらがつかった場合)

D800Eはどっちなのか\(゜ロ\)(/ロ゜)/

投入予定だったイベントが修理で流れたので次回に期待しつつ
何故か万人受けする方にSD15が入ってしまった謎\(゜ロ\)(/ロ゜)/w




SD15はさすがにK-5やら5DMark3とは性格が違うカメラなんだけんども
なぁ( ・_・)。

ちなみにおもしろいこととしてはLWサイズでは一般の人には5DMark3と
SD15の写真の判別ができないので同じカメラだと思われていたことw。

SD1とD800Eクラスでさすがにあれれ?、と感じるらしい。

もっといえば、キャビネサイズクラスだとK-5でも一般的な感覚だと
とてもよいと判別される。四つ切までいくとやっとこ差が出てくる。

もっともSD1だけキャビネサイズから「泣かせる」写真がでてくる。
まあ泣くと言っても撮られた本人か、家族だけで万人受けはしないんだけど
恐らくここが商業的かただの趣味かの境界線だろう。

結婚式などで友達の何々さんが撮った方がうまいからカメラマンはいらないと
言う若者が増えているらしいけどようするに被写体を知ってるしどの表情を
撮るべきか知っていて、そもそも万人受けする必要がない部類のものだからだろう。

他人が見てもわからない娘の成長の記録のビデオと同じ様なもんであるw
その被写体と家族を満足させるだけのような画に全力投球できるのは非商業の
目的のカメラ好きの利点といったところ( '_')

なんせこれで飯をくっていくとなると大多数に評価されにゃあかんだろうから。

なるほど、飯を食うとしたら5番の方が食いやすいかもなと思いつつ
D3s+400mmf/2.8で写真撮っていたプロの写真が新聞でDSCサイズ並で
掲載されていたりするのを見るとなるほど、職業的なカメラマンと
芸銃家的なカメラマンもまた違うのだなと。

職業的なら今のだとD4、これからの1Dx、D3s、5DMark2や3、D700。
芸術的ならD800、D800Eもしくはもっと上の専用品あたりなのかはようわからんが。

スポーツ撮影での1DxやらD4の連射性能重視というのもうなづけるし
本体重量もはや関係ないレベルのレンズだよねー・・・

とは考えるんだけどP510でも撮れないかそれという疑問は沸くw

やっぱクライアントが受けるイメージはやはり重要なのだろう。
かっこいい一眼をもっているとやっぱし評価は違う。
いいもんもってるからいいもんをとってくるというイメージ戦略。

正直K01のイエローボディでマミヤつけたお魚さんで撮った写真は
驚かれないことがないw。うそん?wの世界であるw

まあそんな遊びができるのも素人なのだからであってその実、職業的な撮影に
なると絶対にストレスたまってるよなと思うw

DSCやLWサイズで打球がバットに当たる瞬間とかを狙うならコンデジの方が
高性能なのだ。いや狙うと言うか狙わないでもモードでほぼ撮れる。

D3s+400mmf/2.8あたりを投入して結果新聞に掲載されるのが
一枚のDSCサイズの写真ではそらたまるだろうストレス。
おいらならP510じゃだめか?!、と正直思うw

でも、さすがにD3sでももうちょい軽量な選択肢も可能なはずだから
やっぱし好きなのだろうなぁとも。
あとは「プロだぜい」という自己満足と陶酔の世界もあるのだなぁと。

んでプロが疲れている一方で、機動性を生かしてホームランの打席とか
まできっちり撮影してるのは素人の「撮らせてもらえてありがたいです」の
感謝の心の表れか( '_')・・・

いや、重すぎる装備で動けなくなるのは無しだと思っていると言うのは
撃ったところからすぐ離れないといけないというスナイパーの習性w

それでも50-500とかそんな重いレンズでよくっていわれるんだけど
オモチャとは言えエアガンのボルトアクションライフルにスコープつけて
重量約4キロ、それでジャングルブーツ履いて道の無い山の中を
撃っては移動しながら敵を翻弄するのだからまあ普通に軽いと言えば軽い。

もっともサバゲ現役時代のスナイパーじゃない時の装備。
ハンドガン7丁、長物4丁と予備マグで装備重量35キロ、体重と合わせて
歩くだけで地面にめり込むという装備はもう今の歳では無理だー\(゜ロ\)(/ロ゜)/w

死んでもやらんー\(゜ロ\)(/ロ゜)/w
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。