勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/05/01(火)   CATEGORY: でじかめ
使い方( '_')
山田がD800Eのレビューをみていて・・・



山田「www。D800E持ち方で手振れ出ないって書いてあるぞwww。」
勘一「いや、それはネガティブキャンペーンだろう。ネットというのは
   さまざまな状況で使う人が参照するのだからたとえば快晴の木陰で
   ISO 100 シャッタースピード1/50でストロボ撮影禁止。
   厳密に言うと手持ちではおそらくどんなカメラでもでるが、
   当倍で比較すると画素数の多いモデルほどα77やSD1も例外ではなく
   目立ちやすい ただし50%であればめだたなくなるが、気がつく
   人間は気がつく。その微妙な差が「鮮鋭感」の違いを生むんだと思う。」

山田「そして作例に鮮鋭感がないとw。」
勘一「いやね手振れが問題にならないシャッタースピードはあるよ。
   使用するレンズの焦点距離の2倍と技術屋さんがいうとったが
   快晴昼間、ISO100で絞り調整して24-70F2.8なら数値上は
   1/140だけど、D800Eの場合は最大で1/200欲しい。これが
   SD1メリルなら17-50ってこともあるが1/140で事足りるし
   70-200でも1/150くらいでも大丈夫、これが軽さの違い。
   まあRAWで撮影するならアンダー気味でも二つとも完全に
   黒として保存してなければ色情報は相当持ってるみたいだから
   なんとかでるが色自体は自然にでていた方がいいから
   色合い自体は85DMark3の方が楽。楽したい時は5Dmark3だな。」

山田「さすがに実際現場で三機同時に同じ被写体撮ってるだけはあるなw。」
勘一「性能をフルに発揮できるならできるだけ安定させる。画を
   よいものを残すならD800Eは三脚を使用したい。てけとーでいいなら
   手持ちで50%でもいいけどw。50%で納得していいなら5DMark3の
   100%とあまりかわらないw」
山田「www。しかしここまで5DMark3がやられるとは・・・」

勘一「AFの追従性で勝って色合いもでて解像感や鮮鋭感だけでなく立体感でも
   負けるw。カメラを知らない素人の人でも「さっきのと見比べると塗り絵みたい」
   ・・・ただなんかありそうな画なんだよな( '_')・・・」
山田「ジャスピンで色合いでも勝って塗り絵じゃあとなにがあるってのよw。」
勘一「いやなにかあるのよ。5DMark3はなんか隠れてる気がするんだよなぁ。
   あれよローパスフィルターで美肌効果じゃないよ?w」
山田「wwwwwwww。」

3モデルの中で一番操作を覚えるのが楽なのはSD1(機能がないから)
ISO100よりむしろISO AUTO6400くらいで状況に対応する幅を
広げて使うとよく仕事をして操作しやすいのは5DMark3.

キャノン、PENTAXあたりから入ると操作系がかなり違うのに驚くけど
色々と細かい設定ができて上の上まであるD800E。

ここになんだか色々できて楽しいK-5w
K-5の小技と操作系は特筆に値する( '_')

フルサイズなんて買えないよとなればK-5は相当お勧め( '_')
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。