勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/04/17(火)   CATEGORY: でじかめ
ニコン P510 初期印象編
千代田区出身かつちっちゃいボディに1000mmズーム( '_')
飛び級10歳のちよちゃんのイメージか(何


やっとこDPPが5DMark3に対応しました( '_')
まあ雨なんでとりにいってやがりませんがっw
そしてニコンP510も納品されましたが、雨なのでとりにいけませなんだっ

・まず思うのは残念感

アンチニコンかこのキャノン派がっ
残念感なんて言葉を使うと怒られそうですが、まあK-01レンズキット並の
箱からだした時、手に持った瞬間にまずそう思うでしょう。

軽いw
あと、調べていくとUSB給電可能な「ボディ充電式」だということに気がつく。
一眼レフのみならず今までのコンデジは電池式をのぞいてバッテリー単体で
充電していたのでこれは非常に残念・・・(ボディ外にだしておく機会が多くなる)

あと、レンズキャップがついてるわけですが、これがね52mm口径なんだけど
ネジはないんでフィルターがつかんのです(:_;)
整備中にめんどうになって(おい)、お休み中のPENTAX 50mmF1.2の
フィルターとレンズフードがつかえるかー?!、と思ったけど
使えなかったので個人的には残念です('_`)

ただ一眼レフを使っているとそう思うけど、ノートパソコンから
充電できたり、余計な出費となるフィルターにお金をかけなくて
すむところはコンデジなら許容範囲とも思えなくもない。
それに軽さは色々と利点がある・・・けど軽いなw

・グリップ感

女性用かと思えるくらいグリップはちっこいです。
まるで中にクールピクスの9300がはいっていてレンズユニットを
つけてガワだけでかくしたかのようだ・・・

・デザイン

5106.jpg

SIGMAのガンダム系デザインをおやっさん臭いと書きましたが(良い意味でね)
さすがはニコンというべきか、なにか若向きな近未来の戦闘機を連想させるデザイン。
でも赤なので三倍速いです!(なにがw)

若向きにかっちょええです。
おっさんがもっているとちょっとひかれそうなところがポイントです!w

・液晶

5105.jpg

チルト式液晶っすね。
我が家ではS3ISのバリアングルに続いて稼働式の二番目の形式。

みやすいです( '_')
液晶に映った画像がそのまま、現像しても出てくる感じで好感かもてます。

・機能

5103.jpg

どーんと35mm換算1000mm、42倍光学ズーム。
とはいえ1/2.3型センサーなので物凄い表示が書いてあります。

5104.jpg

広角側が4.3とまるで絞り値のような値から、180mm、センサーがちっこいので
35mm換算で1000mmを達成。
デジタルズーム二倍なので2000mmとかw

そして普通高倍率機だと手振れがでやすいですが、軽いボディと軽いレンズで
結構バランスがよく、ブレ易い場面でも結構いなしてくれます。
フジの770EXRとか20倍まで行けますが、こちらは手振れの影響を物凄く
受けるのに対して受けにくいのは770EXRが200g台なのに対して2倍以上の
555gで重量の配分が結構いいあたりでしょう。

あと、不思議ちゃんな120fps連続撮影とか、えー?!、て感じで
撮影できますw

・画質

コンデジとしては恐らくいい方かなー( '_')?
ネオ一眼としてどーよと言われると最近ネオ一眼価格が高い方は一眼以上の
値段でこのP510は4万程度ながらここまでの光学ズームは対抗機なし。

これより価格が下がるとちょっと物足りない画質になるし
これより高いとこれよりいい画質かと思えばそう感じるのは
フジフィルムのX-S1あたりくらいになるのではないかというのが
個人的な感想。

1000mmという数値もインパクトもあるけどこの価格でこの画質なら
十分だろうという程度の能力はあると思う。

5107.jpg
ISO400 P任せ

現像した巨大サイズの画をダウンロードしてみてもらうような用途ではなく
WEB上で公開するには十分だと思う。

5108.jpg

上の画像の一部を切り出し、解像感が悪いというよりはSSが遅いので
手振れが出ている感じでしょうかね( '_')

現在・解像番長SD1メリルがあるわけですが、状況対応度で言ったら
P510のが勝ちなんでまあ手振れをおさえる状況なら色々消えちゃいそうだけど
それもそれで有だヽ(´ー`)ノw

軽くて単体で被写体にものすごく寄れる、それはそれでいいことだーヽ(´ー`)ノ

・チープさ

赤を選択したが故の問題なのかもしれませんが、プラ感がまるだしというか
各一眼や過去に保有していたペンタックスRZ18、WG1、VZ20、そして
つかもんにならなかったルミックスTZ20もなにか静電気をおこしにくく埃が
落ちやすいのではないかというような表面処理系でした。

が、P510は静電気発生してないか?、指紋がのこるだろこのピカピカ
ボディという具合で掃除のしがいがありますw

軽さとグリップ感とデザインもあいまって尚更に安っぽく感じられ
更には電子シャッター音、EVFにいたるまで安っぽくAFも遅い。

各部安っぽい物の、使えないかと言うと便利に使えるところはおさえてあるので
価格考えれば妥当といったところすかね( '_')

・まとめ

まあイベントなどでつかってみてどうかーという話になりましょうが
使う前から覚悟しているのは・・・

AFは遅いなw

MFで活路を見いだせるかー?、というと一々OKボタンかMF設定せな
あかんのよね(:_;)

でもこのちっこさでこのズームは使い道があるに違いない・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。