勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/03/19(月)   CATEGORY: でじかめ
K-5 VS K01
K-5とK01はどちらが買いか\(゜ロ\)(/ロ゜)/
徹底的に脱力比較ヽ(´ー`)ノ(それは徹底してないとも言う・・・)


1・機能性 K-5
K01にはない細かな撮影機能がある。拡張ブラケット撮影やら
通常ブラケット撮影やらそういう細かい面ではやっぱし上位機種。

2・1コマ画質 ほぼ同等。
NRの性能向上分だけK01が高感度側は上。

3・ファインダー VS LV どっちもどっち

MFでの使用は感覚的にK01の方が上。
理由はマニュアルアシストが慣れると非常に使いやすくMF拡大と併用すれば
ほぼピントが間違いなく合う為。

対してK-5ライブビューでは拡大表示ができるがシャッターボタン半押しで
LVが消えるので違和感が残るし、ファインダー覗いた場合、スーパーインポーズが
結構適当w

ところがAFのスピードはK-5のファインダーモードの方が速く
K01は連射をとぎらせると合間にAFをはさむことからAF撮影では圧倒的に
K-5の方が使い勝手がいい・・・と。

見た目とは裏腹な両機w

4・AUTO VS グリーンモード K01の圧勝

K01はAUTOでK-5は緑■モード。
K01はISO感度の設定幅の変更ができるがK-5は自動設定。

K01が各種補正を組み合わせ、たとえ解放でも白飛びなどを最小限に
おさえるように努力するのに対してK-5は感度が自動設定なうえに
絞りも解放状態で平気に白飛びする。

K-5でグリーンモードを使うことはまれと考えれば比較する必要もない
かもしれないけれど、K01のAUTOモードは初心者でも比較的きれいに
とれるようなに配慮された使えるモードの一つ

5・Pモードの差 ややK01有利

プログラムAEもK01がやや優勢。

K01には他の設定にあわせて絞り値を自動で絞っていく機能がある。
K-5は絞り設定が可能だけれど他の設定に合わせて自動で変化はしない。
なんかファームウェアでK5の方がバージョンアップしそうなK01の機能。

6・動画性能 K01の圧勝

まあ他社に比べるとどうだーというのはあるものの十分に使えるし
K-5が1m先の録音に苦労するのに比べてK01は録音レベルの追加で問題がなくなった。

7・連射性能 K-5圧勝

ついでにいうとシャッター音のやる気感もK-5。
K-5はほぼ定格の連射性能に加えて画像保存中にも断続させることで
連射を継続できるがK01は最高画質だと3連射がいいところ。

最低画質にすればある程度連射が聞くがSDHCカードとの相性や
β機の連射速度とあきらかに違う事から一時的に問題の対処で
下げている可能性がある(ファームウェアでかわるかも)

8・もちやすさなど 判定付かず

拳銃のグリップにフィンガーチャンネル方式のグリップというものが
あるんですけどもあう人にはいいけどそのフィンガーチャンネルに
手のサイズがあわない人にとっては持ちにくいことこの上ない
また持ち方を制限されやすいのがK5方式

逆にどんな手の人でも慣れてしまえさえすれば持ち方の工夫の方で
なんとかできてしまうのがスクウェアスタイル。

コンデジは四角のっぺりとか普通だし、それで持ちにくいーというよりは
「滑りやすいー」という評価の方が多分多い。

とりあえず滑りにくいので支点の工夫でK01はなんとかなる。
そこまで使いこむ前に「こいつぁーだめだー」と感じてしまえばそれまで。

ちなみに店員さんと笑い話で
「これはK-5を縮小したんじゃなくてRZ18をでかくしたんだなw」
なんて話したけど、昔ながらの一眼レフファンが違和感を感じ
はじめての一眼の人が違和感は感じないのはココがポイントかも。

9・子供受け K01圧勝

デザインとはいいませんw
ややもするといじられます、落とされます、壊されますw

K01若い奥さん受けはあれですが、おばちゃんウケはとってもいいです。

「田舎くさいデザインだけどなんか見てると気になる!」
と言う方が多いそうです。

店にテレビ局のカメラマンさんが撮影に来ていたんですけども
「ワールドビジネスサテライトでやってたね、これ、いいね」
といっていたのが印象的( '_')

・総評

K01とK-5どっちが勝ちか。
初心者向けに必要な機能を凝縮してAUTO性能などが優秀なのがK01。
やはり中級機としての面目があり細かい設定に対応するのがK-5。

ただしK-01の方がプログラム関係がK-5よりも後発だけに優秀。

K01は初心者向けだけの商品化とみせかけてライブビュー重ね
合わせ式のグリッドによる水平だしや、より正確にピントをあわせる為に
機械任せのスーパーインポーズではなくフォーカスアシストの
採用など撮影者の技術の向上と機械への習熟度によってより
いい写真を撮れるような工夫がなされていたりもしてそこは
K-rを作っていた会社の製品ではあるなと。

さすがに細かな設定、正確な水平をみての撮影などにはK-5に軍配があがる為
K-5から買い変えてまでK01を所持する必要性は感じられないまでもK-5には
ない動画撮影機能と、実は自由変化に飛んだ持ち方の出来る箱デザインの
利便性、軽いレンズと組み合わせた時の機動性などサブ機や初心者用としての
用途では十分に使えるかと。

どっかが勝ちか判定つけろと言われたら・・・
用途別でひき分け。初心者用としてk01、中級機としてK-5。

ま、ユーザーとしては

ミラーレス方式でEVFくっつけてK-5のボディに押し込んでK-5並の細かな
撮影機能をもたせたバリアングルかチルト液晶な新型か。

レフ方式でプライムM積んでブログラム関係を最新型にして動画機能の
強化とバリアングルを追加したK-5のVer.2あたりのモデルか。

そういった感じのK-5のk01データフィードバックした奴が一台になると
楽なんすけどねーヽ(´ー`)ノ

いや、いきなり路線を変えてミラーレス・EVF搭載のPENTAX SPのデザインを
踏襲したPENTAX KSPとかもいいと思うんだけどセンサーがQ用になったら笑うなヽ(´ー`)ノw
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。