勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/03/10(土)   CATEGORY: でじかめ
PENTAX K01 指紋ペタペタ編
お呼ばれして行ってまいりましたPENTAX K01 体感セミナー

はっきり言ってK-5を持っていてスペック上は廉価版っぽい
K-01を既に予約済みとかどんだけカモがネギしょってな話ですが
さてはてどうなることやら。

先日のCANON 5D Mark3からD800への変更と言う事もあり
開場の数時間前から行きつけの店に行きウロチョロして
おったのですけども開場の二時間前にはPENTAXの人が到着。

準備中に指紋をつけさせてもらう事で30分ほどの触れる時間の予定が
3時間ほど触れることにw
(これ以後、PENTAXの人=ペンタさんに聞く形で展開します。)

・K-5と対比してどう?

画質面での性能はK-5と性能差がでる方がおかしい(ペンタさん談

理由としてはK-5用のCMOSより40%程省電力化、同系統と
言われることもあるが(その説明をしている後ろでK-5と同じっすよ
ハッハーと店の店長さんがお客さんに説明していたw)サイズなどが
若干違うCMOSであり画質に悪影響はでていない。
むしろ新型でCMOS単体としての総合能力としては上。
(LV専用なので消費電力を下げる必要があった)

また画像処理エンジンにしても「PRIME M」のMはムービーの
Mで動画に強くなった事をあらわしており基本性能はPRIME2と同等であり
実機実写で高感度時の当倍比較をした結果もK-5とノイズの出方の変化はない。

でもちょっとK-01の方が鮮やかにでるかー?と思っていたら
K-5のカスタムカラーがナチュラルでK01が鮮やかなだけでしたヽ(´ー`)ノw

・なんでこの形?

後のバリアングル液晶の際の説明でもそうだったんだけど
「まずデザインを発注し詰め込んだ」とのこと。

K-01のロゴはPENTAXの旧型機種のKと同様のフォントになっているらしく
それもマーク・ニューソンさんの発案によるという。
まあ普通、デザインから先~って中々ない話ではあるが、逆に
コラボすんなら好きにやらせてよっていうデザイナーさんとかも
いそうなので話半分に聞いとくとして味の素の瓶のデザインを
手掛けていた事をはじめてしったよ乳孫サン\(゜ロ\)(/ロ゜)/w

なるほど、仕事してんだな(--)(__)

ちなみにデザインは見てれば慣れますと言うペンタさんの
説明通り5分ほどで慣れ更に5分立てば違和感はなくなりましたヽ(´ー`)ノ。

他にデザイン上の問題点としてはグリップが浅め?
→RZ18とか使ってればさほど気にならないし時間で慣れる
 また形とも相まって片手で撮影する人も多かった。

スイッチのオン・オフK-5と反対だゴラ     
→ペンタさん「すいません開発に言います」
 いったところで発売日までの変更はないはずヽ(´ー`)ノw

こんだけ厚いんだからバリアングル液晶つけろ!
→デザインを優先した結果こうなりました
→LVの出力対応だからタブレットについたらいいすねー(勘一フォロー)

キャノンX5とか考えると売れてる機種なら安くつけられるんでしょうけども
絶対数が少ないので無理が・・・あるよな気がすると同時に画質じゃ
DIGIC4よりPRIME2(M)、画質を下げてバリアングルつけるのとなしで
高いのどっちがいいと言われたらなくていいと個人的には思う。

あと、単純な構造ならまだしも、凝った構造にしてみて壊れる・・・
PENTAXならやりそうだーヽ(´ー`)ノ

部品点数も多くなり故障個所も多くなる、スペース的な余裕も少なくなると
安い機種に無理してバリアングルは結構危険なはずだ( '_')・・・

(と、長くなってきたので続きます)

K_5P5205.jpg
今日も快調にボケ過ぎですボケテッド(いやボケすぎです)
Qのシルバーも来てましたが「こちらの方が単純に好評」だった件・・・

・重いよ!

ペンタさんの説明によるとどの店でも販売員に見せた時に言われる言葉は
「うわっ」
次に
「重いよ!」

実際、K-rと実は16gしか変わらないのに、バッテリーグリップをつけた
K-5より重く感じるのは本体のレンズ取付部側に重量が集中しているからと思われ。
まあ、すぐになれる。

三脚の穴がレンズ側にシフトしているのもこれが理由だと思われる。

K_5P5151.jpg
うわっというイメージは全てこのレンズのせい。ちなみにK-rやK-5でも
機能はスポイルされるものの撮影可能

・スーパーインポーズはどなったのー?

マニュアルフォーカス支援モードというのが存在しており勝手に
オンにしたところ最初故障かと思ったw。

マニュアルフォーカスでピントがあった時にピントがあった部分の輪郭が
白くなり強調されるんだけどこれがみにくい。白つぶれの警告が輪郭に
でているような感じでこれは要改善と言うか、オフで画面ベース、
コンデジのようにピント位置拡大ができるのでこっちの方が便利。

もちろん絞りリング使用許可設定も存在しており、PENTAX M 50mmなど
古いレンズでもこの支援モードはもちろん使用可能。

支援モードの色の変更をファームウェアで対応予定とのことで
お客さんの反応次第で検討するとしていたので
「白はいやだー\(゜ロ\)(/ロ゜)/」と叫んでおきましたヽ(´ー`)ノ

・単純に言ってこれはK-5の廉価版?・後継の一種?

ペンタさんの言葉を簡潔にまとめると・・・

K-5の派生版と言う性格がある(廉価版ではなく派生した独立した機種)。
後継ではない。

画質についてはK-5と同等で動画面では撮影中のAFがOK、
ステレオ内蔵マイクを搭載した事で実質的にK-5より動画性能は
向上しておりK-rの後継でもなくK-rより画質性能は上。

また実際に触ってみてシステムの処理速度はクイックビューをオンした
状態でもK-5のクイックビューをオフした状態よりも早く
連続撮影時の許容枚数こそK-5より低いが、画像の保存速度などは
K-5の★三つよりK-01の★三つの方が早い。

その処理スピードには実際にK-5(おいらの)とK01は隣に置いて
SDカードクラス10のK-5とクラス4のK-01で、どちらが先にSDカードへの
書き込みを終えるか確認したところK01の方が速かった。

ただ許容枚数はK01の方が低く、連射を続けていると処理落ちが発生する、が
処理速度が落ちてからもちょい待てば回復する能力を持つ。

・廉価版と言う意味合いでは・・・

防塵・防滴ではない
ファインダーがない(K-5と同様に外部出力対応はある)

マグネシウムボディではなく工業用プラスチックボディ
アルミをしようしているのはボタンやダイヤル部分など限定的で
50-500などのレンズをつけている時に、本体だけもってしまうと
危険であると考えられる(さすがにデモ機でそれは試さなかったけどw)

あたりが代表格。

ペンタさんの認識としてはK-5の画質性能をほぼ移植したミラーレス機という
認識とのこと。
(上記の部分をスポイルした結果ボディが安すぎてレンズキットしかだせない)

・ズバリ他社と競合したら想定したライバル機種はなんですか?

D7000、7Dに匹敵すると自負しております(ペンタさん談
(営業さんの個人的意見だとは思うけどw)

ニコンユーザーさんのツッコミ
「ナノクリレンズをつけたD90とどっちがいいですか?。」

ペンタさん
「ま、・・・総合では勝ちです!。」(まの次に何を言おうとしたw)

ちなみにD90ユーザーさんはシステムの処理速度と連射速度に驚いていた。
システムの処理速度はK-5より速く、ボディ単体での販売はないものの
実質5万円代のボディ価格と聞いて更に驚いていた。

そして隣に座っているおいらのK-5についてるボケテッドの値段を
「タダ」と聞いて笑っていたw
(真面目に撮れば真面目に映りますヽ(´ー`)ノK01にもぴったりです)

・まとめ

K_5P5210.jpgK_5P5148.jpg

先に弱点いっときます。
この二色は汚れが目立ちますw

あーでもあえて黄色買いました。
300ミリクラスまでなら黒と黄色がマッチします。
50-500につけるとオマケにもなります。

あと連射のハイモードはセッティング必要です。
(ファームウェアで更新きそうな部分)
Loモードは普通に使えます。

またアストロトレーサーへの対応に関してはユーザーの
反響次第でファームウェアのバージョンアップで対応するとのこと。
(売れ行きか)

K_5P5204.jpg

ちと椅子に座って距離がない状態で他のお客さんの邪魔に
ならないように目の前の机に置いたK01をボケテッド(50mm、APSCなので70mm換算)で
撮影したのでほんとにボケてますが従来のレンズつけると
「カメラになった」とよくいわれるそうです( '_')w

パンケーキレンズより薄いクッキーレンズ(PENTAX内呼称)つければ
K-5でさえ変な形になりますヽ(´ー`)ノw

最後に・・・

K_5P5209.jpg

Qのシルバーはかっこよかったね\(゜ロ\)(/ロ゜)/
あとWG2も発売してましたが画質はあんますごい感じしないけど
シャッタースピードが他の機種に比べて速く早めになっていい感じでした、
よ\(゜ロ\)(/ロ゜)/(高すぎですがっ

K-01はフランジバックがーとかいうておりましたものの、実質に持ってみると
「お前中身詰まってるだろー?、デザイン重視とか言って実はスクウェア型に
 しないと中身はいんなかったんだろー?w」

といいたくなるような奴で、実際従来のペンタユーザーさんは「K-3」を
待つという意見が大勢を占める中、D90ユーザーさんは第一回目を聞いたのに
あまりのスピードに第二回目まで聞いていきますという事態にw
(ナノクリ使わなくなるならくださいという話ですがw)

あと、女性の方が「デザインはいいんだけど重いわねー」と言っていた通り
重く感じます(実質はそんなでもないはずなのに)

ただ性能はK-5に匹敵(動画面では超える)、強度面では劣り
システムの処理速度では勝るのは確認。

まだファームウェアでバージョンアップしてほしいところはあるものの・・・

例えば連射ハイモードでの光の加減(設定である程度回避できる)。
断続連射をした時、レリーズ優先でも一回目の連射から二回目の連射に
移る際にAFを作動させてしまいタイムラグができる点
MF支援モードの輪郭白化
など

はあるものの、性能面では十分に他社製品に対抗できる製品に仕上がってて
「謎の箱」が相当「愛くるしい弁当箱」に変化しました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。