勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/03/08(木)   CATEGORY: でじかめ
よし決まった( '_')
ニコンD800でいこう( '_')

れんずきっと(AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR)

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
たむろん SP AF28-75mmF/2.8 XR Di

でいくか(ナノクリに頼らない頑張るぞキット)

ぼでー
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

でいくか(ナノクリ使ってみたいぞキット)

はちょっと考えよう( '_')

決定理由が長いので以後続きますw



決定理由としては

ニコンのD7000を使いこんでる人サイトみとったら
「いい写真は連射じゃない、連射頼りではなく予測して前置きしないと撮り逃す。
 だからD800の連射性能も使いこなせば問題ない」
というようなニュアンスの言葉。

そう、たったの9か月前を思い出せばSX130UISやS3ISではそれをしなければ
決定的瞬間などとれなかったことを思い出せば・・・
(それ思い出したらキャノンのような気もするがw)

というよりRZ18にしても、設定できないもどかしさのあるコンデジで
決定的瞬間を手に入れることの難しさ。

それにくらべりゃ高画質・4コマ秒の連射、高感度でも使えそうな性能とか
恵まれ過ぎていると思える。

だってこの前のイベントで絶賛された写真の一枚は飲み会の時に
RZ18で撮影したものなんですけども・・・

珍しく役に立つこと書いておくと、コンデジで飲み会でも明るい
飲み屋とかはシャッタースピードもあがっていいんだけど
問題は料理などをうまそうにみえさせる電球色の蛍光灯を使っている
暗めの店。

その撮影の時のRZ18の設定は18倍、ISO200でシャッタースピードは1/4。

飲み会の時、人は激しく動く傾向にある。
これはスポーツの一定に推移していく動きではなく、予測できない動き。

例えば仮想でキャノン5DMark3を使ったとすれば感度を上げ
シャッタースピードを上げれば対応できるし、感度を低くフラッシュを
焚くのも手。

ただ、フラッシュを焚く場合には「会話に割り込み盛り下げる」ことになる。

そして手元にRZ18しかなくシャッタースピードが1/4でストロボなしとなれば・・・

1・まず18倍のズーム端で手振れをできるだけ抑える態勢をとる
2・気持ちよく話している被写体の酔っ払い動きを観察し、振り向きざまなど
 一瞬止まるクセの傾向を見て、その行動の前兆をみつける
3・一瞬動きの止まる前兆が現れた一呼吸の間にシャッターを切る

無茶苦茶なんだけど、これしかないw
そしてフラッシュを焚かずに撮影された画像は、その場の雰囲気と
撮られたことさえ気が付かずもっともいい表情浮かべた被写体の顔を
写真に封じ込めると( '_')・・・

そしてこの手法は写真撮影の手法で習ったのではなく・・・
サバイバルゲームの狙撃の方法だったりするw

まあここは体験しないとわからない部分なんですけども
相手の次の位置を予測して射撃した後に、必ず「手ごたえ」ってのが
あるんすね。
弾が相手に吸い込まれる弾道を描くのが一瞬にして頭の中に
イメージとして沸く。

この感覚は超気持ちいいわけですが、ここだっと思ってシャッターを押した瞬間に
思い描いた画像が撮れた時、カメラも同じで超気持ちいいわけです。

だからコンデジをやめられないっちゅうのはありますが
そういう感覚で撮っている人がいた→ニコンを使ってみるかっ、と。

たまたまキャノンでそういうユーザーさんのサイトにたどり着いてたら
Mark3というてけとーさ\(゜ロ\)(/ロ゜)/w

そしてPENTAXは蚊帳の外かというと・・・
PENTAX以外の製品もしらんとPENTAXの良さ悪さもかすむというもの( '_')・・・

期待としてはゼロワンがD800を食うことに期待\(゜ロ\)(/ロ゜)/w
(・・・さすがに無理だろうそれは・・・)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。