勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/02/06(月)   CATEGORY: にゅーすから
格付け
ジャパンムーディーズはホンダの格付けをA1の安定的からネガティブへ
理由としては今後も安定的な成長を続けるには取り組むべき課題が
結構あるとか何とか( '_')

んー( '_')
ようみてらっしゃるヽ(´ー`)ノw

まあ東日本大震災で最も影響を受けた上にタイの洪水でも唯一完成車工場が
浸水と被害が一番大きかったのもあるけれど、まあホンダが本来持つ
「他のやらないことをやる」ってのも見えにくいんだろうなぁ・・・

NSXコンセプトにせよあと2年後では時代遅れだろう。
どんどん進化していくトヨタのハイブリッドに比べて「これから」
登場するアコード等のハイブリッドも遅い。

ガソリンエンジンにしても最強とは言い難い上に、省燃費も最高性能ではない。

ただまあカタログ燃費と実燃費の差は比較的近いか(郊外であれば)

NSXコンセプトで
「世界最強の環境性能を考えた3リッターガソリンエンジンを搭載」
(最高出力=理論限界値+エコモード時リッター15キロ)

「MRコーナリング重視+ゴルフバックも二個積める」
(先代踏襲w)

「鋼管フレームにカーボンパネル」
(値段なんて気にしない)

だとかだとホンダらしいと思うけど、インホイールモーターとか別に
新しくも感じないしなぁ(゜-゜)

ただ実用時、渋滞なしのところではいけるけど
ガソリンエンジンリッター30キロオーバーはちょっと今のところ渋滞の多い地域では
難しいから、ホンダの今のハイブリッドとガソリンエンジンの燃費は
他社に比べて実用域ではほとんど変わらない(プリウス除く)のが現実で
そこを売りにしないのはまあ真面目。

だけどトヨタと同じ事やっていても超えられないし。
振動と回転と熱量差と圧力差と蓄電、ここからトヨタのハイブリッドを抜く
なんかを生み出せないもんかのう・・・もっともこの研究は「永久機関」を
考えるのにも似たパズルのようなもんだと思うけど( '_')
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。