勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/02/06(月)   CATEGORY: ぷち怖い話
やれやれ( ・_・)
ニュースを見ていると富士山噴火か?
地球温暖化よりもむしろ地球寒冷化?
(長くなったので続きます)



まあ昨年3月11日まではなんとも瞬間的には信じにくい話では
あったんだけどもこれが別に信じられない話でもないというところが怖い。

昨年3月11日どころか二年くらい前にここのブログでむしろ地球寒冷化の
方が怖いとか書いてまあ何考えてるんだろうコイツ的な空気読まない記事を
書いてたわけですが、違うんすな。

当時の状況からして既に地球寒冷化っぽい傾向が見られていたので書いただけ。

まあ傾向ではなく原理を説明しろっていうのが現代社会のお馬鹿なところなんだけど
例えば人間が勝手に名前をつけた天体現象クェーサー・超新星爆発なんてものは
なにが起きているか予測はできるもののあいつらは確実にエネルギーの
流れなどを計測し原理を解明できるようなものではない。
予測はできるが、完全な原理を解明できるなんてのは現状では考えられないような
代物(のはずだ)。

それと同様に地球内部で発生している現象、太陽圏内で発生している
現象、なにがおこっているのか考えられても、現状、実際に発生している現象を
原理で証明する術がない。

ある程度定説としての原理が説明されているのはここでこういう流れができて
こういう現象が起こっているからこういう仕組みで動いている「はずだ」という
予測の連続の結果なんだけど、中身開けてみたら小人さんがその動力源かも
しれない(ありえないんだけどありえるのね。直接見れない事象の場合)

まあ専門家じゃないけど、情報解析を仕事でやってると理解もできないのに
原理を説明しろ説明しろと求められるんだけど、原理の前に対処だ。

納得できるかできないかではなく、ある事象がある現象を引き起こして
変化がある場合、最初の事象を対処して次の現象を止めなくちゃいけない。

解明はその後だ。
解明できないのなら、発生源となる事象は特定しているのだから、同じ傾向が
おこるタイミングの他の部分のデータを解析し因果関係を突き詰めていく。

その時に導き出されるのが、過去のデータからの傾向で、地球温暖化と
寒冷化の話では傾向として寒冷化向き方向になるなーと思うから寒冷化の
方が心配と、絶賛地球温暖化状況で暑さにあえいでいる時に書いてみたりすると。

んじゃ今の世界情勢と過去のデータをあてはめてみるとどうよー
というと項目数が多すぎて不正確さは否めないんだけど、過去にこれほど
地球の自然なエネルギーの流れに対して何かが干渉した時代というのは
恐らくないので、その反発が十分に考えられる。

人間という要素だけとってもどこかの大国は自国の兵器産業保護の為に
敵対国を探して絶賛活動中なんだけど、その矢面に立ってる違う考え方を
持つ国家の元首は資源を背景に経済というものに打撃を与えることで
戦わずして勝つ方向性を思考中。

寒冷化が進むのなら温暖な土地を求めての戦争もおこりえようし
人口増加の傾向が進むのなら今度は食糧・エネルギー・水の問題が顕在化する。

ただ単に福島第一原発の事故をがあったから原子力からの脱却を
目指すのではなく、他国で問題となっている人口増加が進みエネルギーや
資源の価格が高騰した時、その代替となるものが自国で生産できる物で
あったならば強みになるからエネルギーの発生に資源を使うのではなく
自然のエネルギーを変換して生み出すエネルギーに転換して
備えるべき・・・というビジョンが発電業界や国にない。

枯渇ではなく不足だけでほとんどのエネルギーを輸入に頼る国家は
簡単に傾ける。それの自給率をあげるのを不足する前にやっておくべきと。

エネルギーを自国で生み出し整備で永らく使用することができるのならば
現在の生活の維持も永らくできようけども、原子力では他国の使用量が
増えれば結局のところ、コストはあがるのだから先も見えてるし。

とまあ、てけとーに書いては見たものの、本当にそうなるか?
と言われると、まあ傾向からしてそかねー程度なので・・・

例えば東日本大震災級の地震、津波だけでなく富士山の噴火が
重なったり、日本企業が拠点をおく世界の地域での災害の影響も
受けようけど、そういう状況を受身で過ごすのではなく、
自然エネルギー変換型の常時発電技術を作るとちょっーと状況は
かわるよねーヽ(´ー`)ノ

ポイントは振動と回転、温度差、圧力差と蓄電か。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。