勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/08/04(木)   CATEGORY: 仕事
目からうろこ
ある歯磨き粉の会社で空箱がでてしまうトラブルに対して
綿密な計画を立て6億円もかけた対策・・・
しかし「根本原因」を解決したのは現場作業員のたった
20ドルの対策であった・・・

というような話が話題を集めている、という記事が。

まあなんていうか目からうろこというか、「そうできない理由」
というのもあるもんです。

なんせ予算を使わないと「削られる」大企業にはそういう
強迫観念をもった不具合対策系の事務方も多く、実際に
予算を下げられる。

予算が下がればいざという時に対応できない?
なけりゃないで頭を使って考えればいいのにね?

それに頭のいい人のところに6億円の大プロジェクトと
20ドルの対策の書類をもっていってごらんなさいと。

20ドル
「なんかインパクトがたりないな。」
「苦労が見えないよ。」
「せっかく予算があるんだから使うべきじゃないのか?。」
「そんなラインの横に扇風機なんておいたら見栄えが悪いだろう。」
「それは安全性とか大丈夫なの?。」

6億円
「すばらしい提案です。これで「現場」の苦労も少なくなり
 顧客の為にもなる事でしょう」

そんなにかけるんなら従業員の給料を増やしたら
喜んで空箱をどけるワイ!w

ま、そういうもの。

そしてその話のケースでは最高経営責任者がデータを閲覧し
一つも問題がない事の「ケツをもった」ことで現場作業員の「知恵」が
多額の費用よりも効果を生みだしたことに気がついたからいいケース。

気が付けることのできる上司ならまだいいが気がつけない
上司では部下の「効果があります」的なデータをうのみにして
気がついた時には問題が膨らみすぎて対応できないような状況に・・・
なんてこともあると。

おいらは逆に、ちゃんと「ケツをもった」最高経営責任者に
目からうろこ( '_')

ケツをもてる上司はよい。
仕事には理屈も必要だけど、理屈と現場現実をちゃんと理解し
ではそれでやってみろ、ケツは俺がもってやると自ら現場に
足を運んで「現場で働いているオペレーターに確認する」ほどの
行動力を持つ上司が理想の上司だよねーヽ(´ー`)ノ

少なくなったねそういう人( ・_・)・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。