勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/08/03(水)   CATEGORY: 暇つぶし
思考の迷路
人間難しいもので年を食うと「考える」というのが単純化していくような気がします。
というのも・・・まあ驚くべき事に2006年の6月から2011年の今に至るまで
だらだらと続けているこの「日記」なんですけども、昔の記事おもろいなとヽ(´ー`)ノw
↑自画自賛w

なんていうか、細かな言葉の表現の海を感じるわけですが、最近の記事は
なんとなく単純化してるなと。

これはいかん!

おいらも年をくってきたということだーと感じつつ
無駄を省く結果がそういう方向性にむけてすすませていくんだろうなぁと。

そこで昔なつかしき中学時代を思い出すわけですが「えびふらい」という
お話があって「その続きを書きなさい」という課題がでたことがありゃんした。

今の選択性のさきがけのような特殊な授業で文学について学びたい
真面目な生徒が受ける授業だったんですけどもその「えびふらい」の
話を簡単に書くと出稼ぎにいった親父が買ってくる「えびふらい」を
楽しみに待つ息子の話見たいな遠い記憶があるんですが・・・

他の生徒は真面目でしたんで「その年親父は帰ってこなかった」とか
「亡くなって冷凍のエビフライだけが届けられた」みたいな、
確かに本文の中に事故をおこしたのか帰ってこないようなイメージを
連想させるような文章があったんでそれをまじめな生徒は真面目に
続編として書いてた記憶があります。

それらを先生が他の生徒の前で読むわけなんで下手な事書いたら
恥ずかしい限りなわけですが

空気なんてよまねー奴がここに一人

そのえびふらいの文章を読んだ時、こう思ったわけです。
場所は山形、きっと山形、きっと方言がすごい、あとでてくる
おねえちゃんはきっと美人。事故で死んだと見せかけて
がっはーと方言丸出しで帰ってくる親父がそこにいて、美人のお姉ちゃんと
食うえびふらいはどえりゃーうまいんだと。(どえりゃーは山形関係ないぞと

で、先生が読むのをわかってるわけですが、わざわざ本文中に
つかわれている方言を解析して、全部方言で書いて提出しやがりましたヽ(´ー`)ノw

んで真面目な授業でしんみりとした空気の中、
「えんびふりゃー」とか先生が言い出しいきなし「誰だこんなバカな文章書いたの?!。」と
いう雰囲気が・・・w

あれだよなーと思いつつ、熱演してくれた女性教師に特別賞をいただいた
記憶が

今の巨乳人妻好きにつながっているんだなと(゚ー゚)(。_。)

でも女教師よりナースが好きです!。

あーナース・・・今や日本国内では職業用語としては死語となってしまったナース。
でもやっぱし病院言ったらナースとか看護婦さんでー
うちの近くの整形外科は未だに先生がナースっていってるんだ!

と熱く語ったあたりでまったく文章の意味をなさなくなってきたので
終わります('_`)

不調不調ヽ(´ー`)ノw
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。