勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/14(水)   CATEGORY: にゅーすから
機械と人と安全と( '_')
リンナイの小型湯沸かし器による死亡事故・・・また企業不祥事かー( '_')・・・と思ったけれど若干違う側面ももっとる様子( ・_・)。

「整備不良」と言う言葉がでているところが他と少し違う。

安全装置と言うのは危険な操作や取り扱いをした時に動かなくなったり警告を与える事で使用者に注意を促すもの。

短縮して解釈すれば今回のケースでは不完全燃焼状態を使用者に知らせるシステムを搭載していない古い型番の機械は危険である・・・そこまでは認めながら不完全燃焼が起こったプロセスは整備不良であるから死亡事故に関して企業のせいではないと・・・
ちょいと判断が難しいところ( '_')

換気の問題と言えばナショナルのFFも確かシステム的な問題と換気の問題があったような気がする。換気、窓を開けて空気を入れ替える・・・あまりにも「普通」な行動だ。

恐らく説明書にも書いてある「取り扱い上の注意」なんていう項目があれば思いっきりかいてあることだろう。

機械を作るのに携わる人間の一人として「安全装置」は必須だと思うしできる限り使用者の安全と快適性を追求した品物を作るのもあたりまえなのだけれども「機械を作る人間でありながら使用者でもある人間の考え」ということに限定すればやはり世の中に「手のゆきとどいた製品がおおすぎる」ような気がするわけだ( '_')

世の中には「説明書読まなくてもこんなもん動かせる」という製品が多い。

それはそれで便利なんだけんども作る人間としては「説明書読まないと動かせないけど慣れたら楽」な物をつくんないといけないのではないかと思うような気もする。

にしても直接死にかかわる部分にはやはり安全装置も必要。
更に使用者にも理解してもらう為に説明書も読んでもらわんといけんのだけど分厚い説明書を喜んで読むような人は少ないわけで・・・

でも際限なく便利にしていったら人間考える必要も覚える必要もなくなって頭つかわなくなんじゃないかなーと。

パイプレンチの使い方を知らない後輩が多い。
モンキーレンチの使い方を知らない若者が多い。

団塊の世代の親父が嘆いていたのだけれどもそーいう時代なのか。
そこまで教えるのか、それとも双方のレンチを破壊するまで間違った使い方させて覚えさせるのがいいのか。

壊す前に自分で使い方を理解するのか壊す前にわからない後輩が聞いてくるのが理想なんだけど・・・

「これこのまま使ってたら危ないんじゃないかな?。」

レンチに力をこめて壊す前の一拍の間。
使う前の一拍の間。
事故やらなにやらもこれがあるかないかで結果は全然違ってくるはず。

難しいことではないはずなんだけどもが・・・
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。