勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/06/18(土)   CATEGORY: にゅーすから
ふむへむほむへむ
まあ毎度な休日

勘一「珍しくニュース読んでるな( '_')」
山田「うむ。」
勘一「ん?、山下さんとやらの記事か。」

山田「なんか20mシーベルトの限度とか、100mシーベルト以下では医学的に
   十分ガンのリスクが助かる事が実証されてないとか言ってるのが
   軽視しすぎだって批判くらってるらしいな。」

勘一「ん( '_')・・・そうなの?。」
山田「子供の年間放射線量20ミリシーベルトだかはあぶないとか
   運動とかもやってるしやばいんだろ?。」
勘一「いやその山下さんとかいう人がいう情報は確かあってるよ。
   ロスアラモスでは期間が短すぎたし、広島長崎でも有用な
   データを得られず、チェルノブイリでわかったことは子供の
   甲状腺がんの確率が増加する事と瞬間に浴びたらやばい
   放射線量だったような気がするなぁ。」
山田「そなの?。」
勘一「まあ20mシーベルトが安全かと問われれば専門家じゃないから
   わからないが・・・というか世界的に見てそれを危ないと
   断言する根拠も安全とする根拠も多分ない。みんなで決めた
   こととしてはIAEAって奴がよく出てきて、更に厳しい規格が
   確かもう一つだが、厳しい方はちょっと厳しすぎる。」
山田「んじゃ安全だとはいい切れないけど危険だとも言い切れないわけか。」

勘一「まあそれを言い出すと関東圏内全員避難しますか。汚水処理場全部
   閉鎖しますか・・・福島第一原発から人間撤退させなきゃ
   あかんのではないですか・・・子供たちだけなんですか?。
   という疑問が生まれ、さあどうするよ山田さん。」
山田「んなの無理だわな。」
勘一「まあ子供たちだけでも・・・は、可能だろうが。その費用をだせ
   というと話は違う。さあ何故だ。」
山田「うーん・・・金がない。」
勘一「ぶっちゃけていえばそうだわな。認めれば世の親、もしかすると
   関東圏内あたりからお茶がどうだの言ってる静岡あたりまで
   危険騒ぎになりかねない。そこに根拠があるのかまだわからない
   情報に関して、で。」
山田「でもこれで何十年か後にやっぱりそうでしたとかまずいじゃん。」
勘一「だから子供達だけでも・・・はありだな。うちの同僚なんかは
   40年後の発がん性のリスクとか40年後じゃ大往生とか言ってるし・・・
   ただそうすると家族同伴というわけにはいきませんしお金は
   かけられませんぜ?。お金ないしね。」

山田「でも家族と離れ離れとかどーなんよ?。」
勘一「政府は無能かつ混乱状況だから主導での家族ごとは難しいだろう・・・
   都道府県単位で家族まで受け入れる避難先を用意するってのは
   ありで費用は県単位の予算で立て替える・・・請求先は東電。
   政府にあーだこーだいってる間に子供被ばくしてませんか、
   本当に非難すべきだと考えるならまず非難じゃないですか。
   ただ、この件に関して東電に費用を請求した場合は精神的な
   損害賠償の請求権は放棄しなければならない・・・という
   ルール付きかな。」

山田「最後のがなければまあまあ受け入れられそうなのになぁ。」
勘一「いや大切なことよ。この件に関しては根拠が明確ではない事で
   それを補てんする事は精神的な被害に対する賠償に相当する
   としておかないと、東電への賠償請求が際限がなくなるしな。
   どんな企業でも無限の賠償能力があるわけがないし、
   子供をどうしても非難させたいという親もいれば別に
   どうでもいいという親がいて、地元の友達と一緒にいたいから
   非難したくないという子供もいるだろう。この中で
   非難する親だけに支援、更には賠償請求も認める。
   賠償請求も特にしない、非難もとくに必要ないと考える
   親との差は歴然になるだろうし、非難しなければ・・・
   と考える人の方が精神的な賠償請求に発展しやすいだろうしな。
   首相が最初の演説でいったことの中に「国民みんなで痛みを共有」
   みたいな発言があったが、そういうことだと個人的は考える。」

山田「そしてそういう風には話が進まないようなヽ(´ー`)ノ」
勘一「うちの影響力は皆無だからなヽ(´ー`)ノ」
山田「しっかしどうすんだろな・・・」
勘一「無限の支援なんてのはありえんしな。お金は国が払ってくれる
   なんて考え方、実は受け取りすぎればそれは自分が守るべき
   子供たちの世代の負担を増やすという事なんだよ。
   だからお金がないなりにどうしたらいいか頭を使えという。」
山田「でも子供を逃がすのは賛成なんか。」

勘一「まだなにかあるかわからんだろー一年くらい逃がしといても
   罰当たらない( '_')。」
山田「まだなにかあんのかよ( ̄□ ̄;)!!」
勘一「もうないって前提で話進んでるって日本人すげーなって
   思うよなーヽ(´ー`)ノ、ま、これも明確な根拠がある
   話ではないんだがなーヽ(´ー`)ノ」
山田「んで余震と・・・ふぅ・・・この余震だけでもおさまればなぁ・・・」
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。