勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/05/31(火)   CATEGORY:
代車魂
楽しみな車検の季節がやってまいりました( '_')
S2000 しっかり整備のディーラーに出して車検代13万円( ̄□ ̄;)!!

ユーザー車検で安くあげるとかしません、餅は餅屋な性格ですヽ(´ー`)ノ
商売だしねーヽ(´ー`)ノ

CR-X時代はロゴ
インテR時代もロゴ
一代目S2000の時はライフ(先々代)
二代目AP2ならば車格に応じたまあまあなものがくるかっ!

・・・現行型フィット1.3G。
カタログ燃費25キロくらいだったと思うまあ大衆車だけど実質的な
ホンダの屋台骨すわね( '_')・・・

なんともまあよくも売れるもんだと思うわけですが、自宅では最高級グレードの
ノートを使っております。

1.3Gと比較するとエンジンなどとしてはノートの方が車格が一つ上
のった感覚、最低代車グレードの1.3Gでノートより上。

まあそれが売れる理由か・・・(それだけあがりが少ないわけですがががが)

のった感覚としてはノートにはあるブレーキを踏んだ時の前につんのめるような
動きはなくそこは好感触。

ただブレーキを踏んだ印象と、ちょっと速度をだし気味に交差点に入った時の
ロールの大きさの印象にギャップがあるのがちょっと注意点かも。

のりだしてペコペコいじると平均燃費は15.5km/lの表示( '_')・・・
カタログ燃費25km/lで15.5( '_')・・・

アイドルストップとかないので渋滞などに巻き込まれれば下がるのは必定。
ただ比較的通勤距離が長く、交通もスムーズであればもっといくはず( '_')・・・

てことでどうすればリッターあたりの走行距離が長くなるのか
ちょっくら検証してみました( '_')。
(説明書とかまったくよんでないのであくまで実走行からの感想です)

1・瞬間燃費計の動き

ノートだと数字で見れたもんじゃないですが、フィットは
インジケーター式なので一応情報はとれます。

速度がある=進んでいる=距離を稼げている=時速0ではインジケータは0

アクセル開度一定の場合でも実際のインジェクターからの燃料の噴射を
見ているのか、下り坂ではインジケータの数値がよくなる

2・60km/hで平地を走行する場合の回転数とインジケータ

実用最低限度の加速ができる回転数は1700回転くらい
(発進時だと一時的にインジ4km/lに)

一度1700回転に上げてからアクセルを戻した時、平坦な道で
60km/hを維持できる回転数=約1200~1250回転。

1200~1250回転時のインジケータの数値=25km/l

3・エンジンブレーキはないけどエンブレ状態?

60km程まで加速→アクセルオフ→インジケータ40km/lに

下り坂の場合はアクセルオフしなくても1200~1250回転程度だと
40km/lに(負荷が減ると自動的に回転数を落とすぽい?)。

5・実際に伸ばしてみた( '_')

加速は1500回転から1700回転までの合間でちょい早めに加速し
50km/hあたりからはアクセルをちょい戻して1200~1250回転周辺へ足固定。

上り坂の前でちょい速度を乗せ気味で登坂→途中からはアクセルオフ
下り坂でも1200~1250回転にあわせた足固定で表示だけ40km/lへ

20キロほど走って平均燃費は15.7km/lに向上( '_')・・・
もっと走ればもっといけそうな( '_')・・・

・まとめ

フィットもアクセル戻した時のころころ進む感じはかわんないんだなぁと。

乗り心地とかS2000は決して良くないのであれなんですが、フィット1.3Gでも
まったく問題ないレベルでシートもまあまあ、幌のS2000の車内の音と
比べたら比べ物になんないほど静かだし、てかS2000一台で1.3G 3台くらい
買えるけど広さはフィットの方がひれーよとヽ(´ー`)ノw
(比べる車ではないんだけどw

問題点があるとすれば燃費だよなぁ・・・
S2000 AP2は頑張っても10.8km/l。ただ加速にストレスなく10.8km/lはだせる。
フィットは加速を重視すれば燃費は落ちて、よくしようとすればそれなりに
ストレスがたまる加速しかできない('';)

プリウスが売れる理由というのはここいらだろうなぁ・・・

まあホンダも来年あたりツインモーターハイブリッドとかだしやがりそうな
悪寒がするので(コストは大事なんだろうか・・・)モーターアシスト自転車ならぬ
モーターアシスト自動車からは抜けていきそうですけどもプリウスの標榜する
「人の乗れるラジコン」=巨大バッテリーと大きなモーターありきというのは
必ずしも恒久的に正解ではないような気がするのでホンダはホンダの道を
歩んでもらいたいもんですのう( '_')・・・

今年の技術系の数人ははっぱかけるのにたる優秀な人材なので
よく育ててくれるとよいんですがのうヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。