勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/05/13(金)   CATEGORY: 仕事
価値観
新鮮な心があると真実も見えやすいもの?

実習「勘一さん、発表用のデータ調べてたんですけどー」
勘一「はいはい?。」
実習「ここの部署でこの三年に扱われた対策の内容で一年以上対策の効果が
   続いてるのって三個しかないですよねー」

勘一「複合的要因を一気に解決して再発もしてないケースは三つしかないねー」
実習「でも、表彰されたりとか、担当した人が昇進したりとかしてないし
   最後のなんて途中で終わってますよね?。」

勘一「終わってるねーおわってるけど再発してないねー」
実習「大丈夫ですかこの会社?。」
勘一「実習生に会社の心配されるとは思ってなかったけどw。」

実習「だって、この三つの対策しか継続的に続いてないのになにも
   評価されてないんじゃ頑張ったって無意味ってことじゃないですか。」
勘一「そいつぁ違うな。頑張ればそれなりに昇進はできるさ。ただ
   あらかじめ間違っている方向性の上がいて、その内に昇進しても
   動きにくくなるだけだろー」
実習「だめだめじゃないですか・・・」

勘一「昇進とかつまんない話題より現場でさ、このパーツ一つ一つが
   やがてお客さんの命を乗せて走るんだーって思いながら仕事をする、
   それも大切なことだと思うのよねー」
実習「でもそういう人が上にいかないとだめになりません?。」

勘一「だめになるかもしれん。いつになったら一人の人間がいくつもの
   設備を扱える事が、ただの器用貧乏にしかならない事に上が
   気が付いてくれるかとは思うけど、今はそういう計画や方針が
   決まったら、それに動くしかないんだよなぁ。あらがえば
   自然に上には行けない。」
実習「なんか・・・そーなんすかー・・・」
勘一「企業だしねー、偉い人のいうことはきかんとあかんのよ。それが
   理不尽であれ、ね。その中で自分のできる最大限度の能力を
   駆使して対策を完成させてやる。」

実習「でも実際に、三つ実績残しているのに評価されないのって
   不思議じゃないですか?。」
勘一「おいらは対策を立てる時に、データをねつ造しないんだよ。
   だから一見すると派手な効果がないの。それにコストをかけないで
   対策できる部分はまったくコストをかけてないから予算分野から
   こういう対策をしているという判断がでない。ただなにか
   よくなったねーとしか上には見られないだけだ。だから
   結果を見られるにはそれなりに形に残す報告書が必要で
   コストをかけないとなー。」

実習「それって・・・」
勘一「若いうちはそういうのに疑問を感じるかも知れんが、
   そういう風潮だろ。できるやつがいれば依存性も高い。
   それが自分たちの首を絞めている事に自分たち自身で気がつかなければ
   一瞬変化が起ころうが、恒久的に見れば一瞬の事でしかないってことだ。」
実習「もっといえばいいじゃないですか。」

勘一「いうことで他に回されたりしたら、本気でここの部署はたち
   ゆかなくなるし。ここにゃ「いつのまにかよくなった」でも
   いいから締めるやつが必要よ。そういうのが三人くらいいれば
   一つの部署は何とかやってけるもんよ。」
実習「・・・はぁ・・・うちの方もそうなんですかねぇ・・・」

勘一「違う・・・とはいえないが、たちまわり方だよな。なんと
   世界に表明しても恥ずかしくない対策を考えていても発表など
   しませんよーという人もいるもんだ。」
実習「そこまで現場好きですか。」
勘一「言うだけ、指示するだけって先輩方をここに実習しに来てから
   何人見てきた?。仕事のケツを持つ為にこまめに様子を見に来てくれた
   先輩は何人いた?。もしここにおいらと直上がいなかったらお前ら
   いま何やってたと思う?。」

実習「なんとなく・・・掃除だけ・・・」
勘一「実習生を受け入れてモチベーションを維持しやる気を維持させる
   活動に関して、人事に所属していなければ他の部署では評価はゼロなんだよ。
   上の上あたりには担当じゃない仕事をしてと怒るやつもいる。
   本来、その上の上が担当すべき仕事をかわりにやっていたとしてもだ。
   でも実習生だって仲間としてこれからやっていく中で、あずかっている
   状態からやる気をなくさせたり、実習期間中になにも身に付かないなんて事は
   絶対に避けたい。その中の何人かが、将来実習生を見たときに同じ様に
   考えてくれればもっといいし。」

実習「・・・なんか軍曹とかそんな感じすよねー、他も同じ
   なんかなぁ。」
勘一「おいらは他にもいたけど、日本社会全体でそういう傾向が
   でつつあるわな。うちまだまし、変わる可能性もあるし。」
実習「変えてけばいいわけすか。」

勘一「それがゆっくりだろうが、かえていけばいいんでねヽ(´ー`)ノ」
実習「わかりました。でも中間の報告なんですけど・・・」
勘一「ネタはあるから考えてみそ。答えはでているが報告はしてない。
   提出の前には答えを教えてやるから自分なりに考えてまとめて
   もってこーいヽ(´ー`)ノ」

今年は4人も担当してますが、評価はゼロヽ(´ー`)ノw
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。