勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/04/21(木)   CATEGORY: S2000
2011 3月11日
2011年3月11日、ノロウィルスで休みの三日目、体調も回復して
ぼーと寝ていた時、14時46分にそれはおこる。

仙台沖から茨木沖までの三か所を震源とする総合でM9.0だか
M8.9の地震。今でいう東日本大震災だ。

栃木中央から北で鬼怒川の東側は、山間部の岩盤の強い町を
除いては多くの半壊と少しの全壊をだす住宅の被害と大型の建物や
工場はほぼ全滅という惨状・・・

を、実はおいらは3月12日の10時頃まではラジオの情報頼りで
携帯のバッテリーも切れしらなかった( '_')

会社で安全もみていることもあり、震災の発生当時、家族とご近所さんが
家の外壁や大谷石の塀で体を支えようとするのをひっぺがし、瓦が落ちて
こず電柱もない場所まで誘導・・・揺れが収まるのを待つ。

なにがすごいって・・・土煙りだ。土煙が上がるってどんな状況だ( ・_・)・・・
揺れは2分ほども続き、瓦が落ちる音がなりまくる。
あとは悲鳴だ。そりゃ悲鳴あがるわ、こんな長い揺れをこんな長い時間
体験した日本人自体がそうはいないだろう。

うちの家は心配ない。家の真下に地割れでもできて傾かない限りは
「この町の町内の家が全滅するような状況でも一軒だけ立ってる家」を
設計してくれと頼んだ家である、自宅が倒れた時、それは恐らく
「この近隣にはしばらく住めないほどの大被害」、つまり倒れなければ
それはよしとして倒れたら「他の家もないだろうから心配がない」のだ。

一軒残ろうが全滅しようが避難だろう、そういう割り切りの元の
設計・・・そういう無意味なところにこだわるのが好き・・・

まあ本震がおさまったあと余震が続く中は家に入るわけにもいかず
電気もつかないので水道が生きていることを確認するためにバケツに
水をだしてその水がもったいないので洗車しました( '_')・・・

東京にいってる親父の心配とか、仕事にいってる母親の心配とかしません。
電話かけてもつながるはずもない状況だから、携帯のバッテリーがもったいない。

まあ一応会社の安否確認だけは無事なのかどうかわからんけどもとりあえず
無事として(後に道路が電線にふさがれて出社不能であることが判明)
とにかく洗車。

いやそういう状況で洗車はないだろうと。
どんだけ落ち着いてんだよ。

ではなく落ち着いてないからこそ落ち着く為に洗車。

HS20113.jpg

写真の奥の方の荷物が崩れてたりすることが直後の様子を物語ってますが
いつもより綺麗に洗車( '_')・・・

義姉「な、洗車?!。」
勘一「こいつに乗れる時間もあんま長くない時代がくるかもしんないしねぇ~」


この時点ではラジオもきいてないので(いかに正常じゃないかわかる)
被害状況はようわからんけども、時々M7.0以上の余震がくるほどだから
「なにかいってるべ」とは思っていた。

んで、洗車を終え車を移動したときに・・・あーラジオあるじゃんなーと
気がつく。

カーラジオもそうだけど、防災用備蓄と手回し充電式ラジオがあったのだ。
そしてラジオをつけてみれば津波と福島第一、第二、女川原発の話ばかり。
そうきたかーと思いつつ、余震がおさまるのをまって家に戻って被害状況を
確認してみると・・・仏壇が倒れて部屋のテレビが壊れていた・・・

というか仏壇他、先祖の供養の為と母親がおいといた小さなお地蔵さんなど
関係の物は軒並み全滅・・・それは御利益がなかったのか守ってくれたのか
ものすごく微妙な状況である・・・少なくともわが部屋のテレビに
加護はついてなかったようだ('_`)

災害時にはプロパンガスが役立つことを知っているので我が家には
耐震を考慮して設置したプロパンガスのボンベが6本ある。
水も出ていたので、ガス配管の漏れをチェックし料理できる
環境と夜を迎える為の懐中電灯を準備し停電状態の夜に備え・・・

夜中、外に出てみると街灯の光がまったくない普段見ることのない
風景が広がっていた( ・_・)・・・

この時の星の美しさは恐らく一生忘れることはないだろうと思う。

その日、確かに何かがかわったわけで、その変わった何かが
もたらすものがまだ完全には見えてはいないんだけどもが。

3月11日の記憶が完全に消える前にちょっとかいとくべーと。
多分、あの日、14時46分以降に関東で洗車をしたのはおいらだけ
だろうなぁ((+_+))
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。