勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/04/18(月)   CATEGORY: にゅーすから
平常心
まあなんていうか「がんばろう日本」という風潮ですが
「ほどほどになーヽ(´ー`)ノ」という語尾をつけまひょか。

とにかく早く早く、まだなのか、まあせかしてばかりでは
いい結果を残すこともできないというか一つのニュースの可能性を
通してちょっと考える事があります。

本日朝発生した栃木県鹿沼市でのクレーンが児童の列に突っ込んだ事故。

おいらも交通事故で兄を亡くした経緯があることからご遺族の方には
今は泣いてくださいとだけしかいえません。
泣くしかできません。そういうもんです。

ただこの事件の背景・・・
容疑者の証言にて
「人を引いたことはわからなかった、ドンという感じで気がついた」
みたいなコメントがあり「なにすっとぼけてやがんだこの野郎」と
思う人が世の中のほとんどでしょう。

ただどうも前日が休みだったらしい事、んで車両がクレーンという
わけで事実ではないですが、仮説は立てられます。

大震災後の勤務状況がどうなっていたか。

栃木県内でも大震災で多くの家が被災しクレーンの運転手は
ひくてあまたの状態。仮説として過密スケジュールで働いて
やっとこ迎えた休日後の朝・・・という状況があったのではないかということ。

次に事故現場のクレーンの動きと犯人の証言。
目撃証言によればクレーンは事故を起こしたわけでもないのに
対向車線をつっきり児童の列にまっすぐ突っ込んだということ。
容疑者の「ドンという音で気づいた」

まあすっとぼけている可能性もありますが、居眠り状態であった
可能性は高いわけでそうなると会社側の「真面目に勤務していた」
という証言(を全面的に信用していいかは別として)をあわせると・・・

大震災後頑張りすぎたことで起こった悲劇の可能性があると。

まあ可能性なわけですが。

この場合、状況が生んだ事故である可能性もありえるわけで
がんばろう日本、という掛け声はいい面も悪い面もあるわけです。

「必要以上に頑張るな日本」

平常心、ゆったくまったりじっくり・・・かつ素早く、ダメな時は休め。

何十年もかけて作ってきた町がたった一年で元通り、なんてことはない。
逆にもし、何十年もかけて作り上げてきた街並みが徹底的に破壊されたにも
かかわらずたったの一年で復興してしまったら、その時の歪みと
うすっぺらさは元通りとは程遠いものになってしまうんではないだろうか。

復興の支援にしても、避難民が難民に、支援する側が手一杯になって
行動できないような状態にならないよう、第一段階として瓦礫の撤去から
次のステップとして仮設住宅の建設や堤防の修理増強、土地の改善などを
被災者支援として雇い入れて労働してもらい経済基盤をもってもらい
なおかつ将来的な災害に対しても強い街を自らの手で作ってもらう。

そうしてもらうことで「自分達の町」という誇りをもってもらうことが
大切なのではないか。

ただしペースはゆっくり確実に・・・かつ、すばやく。
「てけとーに速さだけ追及してとりあえず」なんてのは結局のところ
お金と資源の無駄遣いなわけだ、と。

仮設住宅の作り方とかも、たとえば住宅建築会社にお願いして
ブロックの部分が再利用できるような構造にしてもらうとか。
復興にも無駄を出さずに大切に資材を使うーとしていかないと
際限なく国債を発行しそうでいやですなヽ(´ー`)ノ

速さを求めるならまず、その速さでやる方法と
必要な人員がその速さで確実に仕事をこなすだけの習熟度が
あることを具体的に示せ・・・

そしてそんなのはないので示せない。

今精神的に求められている速さというものはそういうことで
しかないということ。
そしてその弊害が現実のものになった時、それは人災と呼ばれること。

つことで平常心でヽ(´ー`)ノ
あー泣く時にはなく、笑う時には笑う。
これも平常の心の行動の普通の反応すからねい・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。