勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/26(土)   CATEGORY: にゅーすから
放射能と粉塵と
ちょっと今回の福島第一原発の放射能が漏れている状態を
「粉塵」という解釈で(正確ではないけどわかりやすいようにね)
説明をすると・・・

埃のすごい部屋にはいるとなにをするか

窓をあけます

窓をあけると埃はどうなるか

外にでることで空気に浮かんでいる埃は窓の外にでることで
一定の広さの中で広がることで拡散してほこりっぽくなくなります

でも床に残っている埃はまい上げないと広がらない、でかくなったほこりは
窓を開けても出ていかない

これを福島第一原発にあてはめると

放射能がすごい状態です

建屋などを放射能拡散を防ぐためにふさいでしまうと、軽くて量の多い
半減期の短い放射性ヨウ素などがその場にたまってしまい放射能の濃度があがります

建屋(窓)はあけっぱなしにしときます

放射性物質が外に出るので、拡散し濃度が薄くなりますが、放射能の
でる量が少なくなる「半減期」が短いものがほとんどなので(セシウムはちょい長い)
問題としません

より半減期などが長い放射性物質、プルトニウムなどは重い為(でかい埃)
格納容器が完全に破壊されていない限りは格納容器、あるいは建屋内に
残っているでしょう(多分)

ようするに拡散させる事で、薄くしなければ出続けているので復旧の作業も
ままならない、埃を洗い流した時に水で洗い流された埃が地面に落ちたまり
そこの水が泥水になるように、雨が降った時には固まるので一時的に濃度が上がる。

そして粉塵を防護するタイベックスと放射性物質を防護するのに
同じタイベックスを使っている・・・と

当面必要な措置としては格納容器或いは予備燃料プールからでた水の
放射線濃度が高いのでそれを吸い取るわけだけど、その吸い取った水を
どうするかの問題がある

大気中自体の放射性物質は集塵機でとることも可能っぽいけど
水となると大気中の放射性物質がフィルターなどが汚染される変わりに
空気そのものは外に出せるのに対して、容量があるので「処理」が
難しい。

とまあ予断を許さない状況というか、震災がおこってから一番最初に
書いた事とがほぼあたっていたなぁ・・・あたっていてほしい話ではないわけですが。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。