勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/20(日)   CATEGORY: にゅーすから
むう(:_;)
サンドイッチマンの伊達さんが「もう津波の画像とかはいいから、
行方不明の方を探している家族の方や、自分の無事を知らせる被災者の人
のことをもっと移してあげて」というようなコメントをなにかの番組で
訴えたような話を昨日あたりよんでました( ・_・)

でも、世界的にはあったことの事実を伝える映像として
災害の情報も得て認識することも大切という空気があり
日本国内よりも情報をえている部分はある様子。

たとえば衛星画像なんか、グーグルが震災から三日目辺りに
公開した被災地の画像なんかを見ればこの災害がどれほどひどいものかと
いうことがわかる。

しかし、映像という物は・・・とくに今回は多数の方が被災されているため
放映する際に十分注意してもらいたいという出来事が・・・

津波で流される多数の車の映像、想像力のある人なら注意するが
「全員が津波から逃げる為に車を捨ててにげていたわけではない」
逆に車を捨てて高い建物にあがったからこそ助かったという
人は「助かったからこそ証言ができた」ということだろう。

恐らくそういう意識が欠如しているのかも知れない。
たとえば立体駐車場の駐車場から無数の車が押し出されてくる、
そんな映像で車が大変なことになっているだろうなと普通の人は
思うわけだが、それはある思考をブロックしている。
こういう時は「普段の行動」を考えればわかるのではないか。

じゃあその時、車に人がのっていた可能性は?

ナンバーが確認でき、運転席に人がいる映像が流れたのである。
ナンバーが確認できるのだからまず安否を確認し助かっているのであれば
本人の許可を取ってドライバーは奇跡的に救出されていますとでも
つけるのならわかるが、恐らく流されている車を撮影していた
という意識しかないんだろうと思う。

しかも悪いことにそれが被災地のテレビ局の支局らしきところが
流した映像というのだから、テレビ局の人もテンパっているとは
思うがもう少し配慮してもいいのではないかと思う。

まあおいらも細心の注意を払う人ではないのだけれども、
その細心の注意とか払ってないひとが気が付いてしまうのだから
やはり冷静に見えて落ち着いてないのだなぁ・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

こまめしば | URL | 2011/03/20(日) 21:05 [EDIT]
通りすがり失礼します。今回の被害は本当に大きなものでした。精神的なものも含めてです(;;)うちの父の実家が福島にあり南相馬でしたのでいつも感情を表に出さない父もすごく心配していました、、、。地震で生き延びても津波の被害までも続いてしまい本当に自然災害は恐ろしいものなのだと改めて思い知らされました。
今東北以外の地域の人は東北の被災した方々のことを考えて行動すべきだとニュースや地元を見て思いました。
全然纏まりもなく自分の言いたいことが自分でも良く分かりませんが同じ地震関連でしたのでコメントさせていただきました。
● Re: タイトルなし
寺田勘一郎 | URL | 2011/03/20(日) 22:03 [EDIT]
> 通りすがり失礼します。今回の被害は本当に大きなものでした。精神的なものも含めてです(;;)うちの父の実家が福島にあり南相馬でしたのでいつも感情を表に出さない父もすごく心配していました、、、。地震で生き延びても津波の被害までも続いてしまい本当に自然災害は恐ろしいものなのだと改めて思い知らされました。
> 今東北以外の地域の人は東北の被災した方々のことを考えて行動すべきだとニュースや地元を見て思いました。
> 全然纏まりもなく自分の言いたいことが自分でも良く分かりませんが同じ地震関連でしたのでコメントさせていただきました。

どもどもノ
本当にすごい地震と津波でした。
実は栃木県の方では一部の地域で18日まで停電したこともあり
3月11日にNHKで放映されていた仙台の津波の映像を見ていない人とかも
多いので「実態像」というものをつかんでいない面があります。

また報道することなどの意味がどんな意味なのか
どこそこで遺体がみつかったなど、悲惨な状況が報道されるたびに
心を痛めますが、実際に写真などを見ると現場で救助作業に
あたったかたのコメントなどにある「地獄絵図のようだった」という
言葉が思い出されるような状態でした。

今日は9日ぶりに生存者が発見されるなど奇跡に近いような
出来事がありましたが、まだまだ生きていてほしいと願うばかりですm(__)m

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。