勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/20(日)   CATEGORY: にゅーすから
ハイパーレスキュー隊の涙
これだけはやめて欲しいこと・・・

1・被災時とはいえ対策を考える側(トップ)の思考が
  長期間停止すること
2・甚大な災害の対応に関して時期を考えず功績争いをすること
3・対応策が成功と思われた時まるでトップの管理者の功績であるかの
 ようにふるまうこと・・・

昨夜は途切れてしまったハイパーレスキュー隊の会見では
あるけれど朝見てみると「涙を浮かべての会見」。

普通のレスキュー隊員に知り合いがいるのですけれども
聞いてみると「ありえねえっす」と驚いておりました( '_')

というのもハイパーレスキューと言えばレスキュー隊の中でも
日本国内一とも言える部隊であり、その中でも選抜された
メンバーが着替えに普段の三倍かかったとか、正直に
「帰って寝たい」と涙を浮かべながら感想をもらすなど

「極限状態の現場」というのがわかりやすい

その極限がもたらすものは敵が見えない事、
得体のしれない事、そもそもトップ(消防庁より上ね)が信用できない事
普段極限状態の現場に立ち入ることのおおいだろう
ハイパーレスキュー隊員がそれなわけであって、東電の社員とか
協力して電源を敷設してメーカーの作業員とか、極限状態の
作業なんてのはまず経験してないと思う。

なので作業が遅いのはあたりまえだと言えるし、あまり急がせて
正確性をかくということでもあれば逆効果となることから
先に放射能のろう出現として確率の高い、予備燃料プールへの
注水をしっかりとやって少しだけでも不安感をやわらげるという
判断は悪くない判断だろうと思う。

が、しかし、その後の一部の会見などはダメダメで、
機材の導入などの面において指示などが遅れていたことや
長期間にわたる思考停止状態は棚に上げて、現場作業員の
苦労を所属機関の優位に働くようなイメージをもたせるような
発言でぶち壊すのは正直やめたほうがいい。

そんな発言をさもあたりまえのようにしてしまい
外国において「日本の国民性は素晴らしいのになんであんなに政府は
ダメなんだ?」というような評価を受けていることに関して
ちゃんと自覚を持たないとちゃんとやるべき仕事をしている
政府関係者にまで迷惑が及ぶということを・・・

発想しないしそういう想像力がないからそういう
言い方するんだろうなぁ・・・

早く安定状態になってみんなで「帰って眠りたい」と言えるような
状況になることを祈ると同時に、現場作業員に犠牲者などでないように
これ以後何もおこりませんように・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。