勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/16(水)   CATEGORY: にゅーすから
どやろねー(゚-゚)
小康状態、これまでだとそう見せかけておいて色々とあった
福島第一原発・・・

矢張「おーい。」
勘一「なんだね?。」
矢張「なんかいきなしNHK以外バラエティとかやってんだけど?。」
勘一「民法も商売だしデータ放送にしといてなにか重要なニュースが
   あれば切りかえるってのでいいのかなー?、て感じに
   なったんじゃね?。」
矢張「よく他の国で「国民が冷静に対応してる」とかいうけど
   もう興味がなくなったってことか?。」
勘一「国民がなくなったわけではないだろうな。ただ意識しすぎて
   買い占めに走るような状態、食料品なんかは徐々に復帰し
   はじめてるし、あまりにも誰にでも意識を植えつけるのも
   あまりよくないのかもしんない。」

矢張「でもまだ一週間もたってないんだぜ?。」
勘一「まねー・・・おいらなんてまだ亡くなった方のお悔やみさえ
   書いてないしね・・・ただ少なくとも今週末くらいまでは
   お悔やみよりもなんとか頑張れと願うだけだな。雪が降ったことで
   生存率は極端に低くなるだろうが、それでも生き残るだけの
   命があるはずだし、お悔やみはそういう人が助かってからだなぁ。」
矢張「・・・そこまでのめりこまなくてもよくね?、とも思うけど。」

勘一「まあ、災害ボランティアにいってヘルニアで迷惑かけるだけ
   だろうし。」
矢張「んで、原発はどうなの?。」
勘一「やっぱし3号機の爆発の規模は結構なダメージだったん
   だろうなぁ・・・ということはわかるけどおいらが実際作業
   しているわけじゃないので詳細はわからん。CSのニュース
   チェックしてた時にどうも陸路で高圧電線をもってきている
   という情報が一瞬あったんだがそれがいつまでにきて
   電源がきたとして既存の設備がちゃんと働くのかとかの確認が
   できているのかとかが細かな話はわからんしなぁ。来る前に
   またなにか事がおこると情勢かわるだろうし。」

矢張「だよなぁ・・・いってる先からなんかおこってるもんなぁ・・・」
勘一「とりあえず設備から30キロの範囲外では今のところ外にでっぱなでも
   なければ人体への影響が少ない範囲内で落ち着いてるみたいなんだが
   第一原発のモニタリング数値に関しては午前10時20分ころ、
   恐らく3号機から白煙があがってるって話があってからは
   「どう考えても異常事態おこってます」って数値から
   まあなんとかさがってきてるけど、それでも1.5ミリシーベルト毎時とか
   あるもんなぁ。外国からそのうち人体に影響が本当にないの?って
   つっこみ入らないのが不思議でしょうがない・・・」

矢張「あれはどなのよ、250ミリシーベルトまで許容範囲にしろとかっての。」
勘一「原子力の専門家でもなければそれを専門に勉強したわけでもないが
   わかるように説明すれば「これだけ埃を吸いこむと咳をしますよ」と
   いうのが今までは100ミリシーベルト毎時だったわけだ。それが
   それだと作業が続かないので、装備は同じだけど「250にしますよ」
   福島原発の作業員に限ってね・・・それは必要性としてしかたのない
   ことなのだろうと思う。ただそれは同じ装備で申請と許可をだした
   首相と厚生労働省は「現地視察」をするべきだろうな。逆にいえば
   それができれば次の選挙で労働者層から民主党というか首相は
   圧倒的な指示を受けると思う・・・ありえないけどね。」

矢張「死ねっていってるよなもんか。」
勘一「死ねといってるわけではないと思うよ。被爆量の限界はちゃんと
   見てると思うし。ただし正確にはなにがおこるかわからない
   状態に人を投入する指示ということにはなるだろうな。
   その手の情報がないので空中からヘリを投入しようとして
   失敗しました、16日中の対応はあきらめますー後手後手というか
   やりようがない状態なんじゃないかと思う。スタジオで
   言いたいことを言うのやブログで好き勝手に書いているのと
   現場で実際に陣頭指揮をとったり作業するので全然違うしなぁ。
   まあ、もっと情報開示をして広く意見を集めるだけの余裕があったら
   よかったんだろうが、残念ながら東電にも政府にも「それをまとめる」
   役の人間がいないのでそれができなかった結果が今なのかと思う。」

矢張「だめじゃん・・・」
勘一「原子力の専門家が人をまとめるのがうまいわけじゃないのだから
   それは政府の仕事だけどな。民主党でさえまとめられない実績が
   あるのだからまとまるはずもない・・・というのを自覚していれば
   まだ軌道修正は可能なんじゃないだろうか?。」
矢張「無理に一票。」
勘一「・・・できるに期待。いややってくれに期待?。とにかく
   無事に落ち着くまでの合間、なんとかもたせられるようなら
   現場で作業した人員の名前は公表して実益のある表彰でも
   したれと。おいらなら同じ境遇で精神状態がもつか
   わからんくらいきつそうな仕事だ・・・」
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。