勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/16(水)   CATEGORY: にゅーすから
情報整理
原発関係の情報が錯綜しております
ちょっと整理

1・現在Googleのニュースでは最新情報として過去の情報をやっている
場合がある
  (これは新聞の朝刊の内容とあわせる部分がある為)

2・福島第一原発で報告されている放射能の測定数値に関して
現場作業員が作業で立ち入る範囲の異常に高い測定の報告と
正面門前の測定数値の二種類があり、ミリシーベルト/h単位で
いった方が速い数値というのは現場作業員の持つ測定器からの
数値の物であり、作業現場としては12日の一号炉弁解放の時点で
100ミリシーベルトの測定数値の記事が既にある。

  正門付近データは定期的に東電のサイトのプレスリリースで発表されている
  (15日の夜辺りの時点では正門だかMP4だかで
1万マイクロシーベルト毎時という数値が離れた場所では最大)

3・現状、一番の問題点は、16日早朝の原子力安全保安院の会見より
  福島第一原発4号機、使用済み核燃料プールの状態が
確認できないこと(らしい)案としてあるヘリからの放水という案は
放射能が強くて難しいのではないかという情報とアメリカ軍に
依頼したという情報がある

  ここの状態としては12月に使用を終えた使用済み核燃料に
ある程度の温度があり正常に温度管理ができない状態となっており
水素爆発→火災の状況下後のプールの状態が確認できない状態。
  水量によっては使用済み核燃料の露出高濃度の放射能が空気に
  晒されている状態ということであれば福島第一原発の1~3号機が
  格納容器などに守られているのに対して、守っているのが1と3では
  ふっとんだ建屋の構造だけで放射能の漏出をおさえている状態と
  なっている模様。

4・福島第一原発1~3号機に関しては予断は許さないものの
  海水の供給が小康状態の模様。
  これは到底安定状態とはいえないものの海水の供給が
  滞りなく行えれば水蒸気による冷却効果などもあるので少しマシ(らしい)

  福島第一5,6号機は震災発生当時、停止状態にあったが4号機とは違い
  「もうすぐ動かそうとしていた状態」であり、核燃料が炉内にある。
  5、6に関しては6号機の冷水供給機構が唯一生きている状態であり
  安定状態にある
  (最初はそんな話ばっかしなのでバックアップ体制を整えないと
  同じルートをたどりそう)

5・4号機の火災は昨日の朝、今日の朝の二回。どちらも自然消火。
  原因は付近の状態を確認できないので不明。

6・放射能の漏れと「なんたらシーベルトパーアワー(毎時)」
  通常状態では「0.05マイクロシーベルトパーアワー」とかが普通(ぽい)
  報道とかで「何倍」と評される「5マイクロシーベルトパーアワー」
  通常の何倍というと驚くものの、元の数値が小さいので何倍は
  すぐにでもでかくなるというカラクリ。

  5マイクロシーベルトパーアワーもある!、通常の100倍だっ!
  まあ確かに通常の100倍なんだけど飛行機にのっだけで200いくつの
  マイクロシーベルトパーアワーも受けるそうなのでそれを1万倍だ!と
  騒いだ人は多分いない?

  ただしそれだからまったく問題なく安全ですかというと
  ちょい違って塵もつもれば山となる、50マイクロシーベルト
  パーアワーであろうが
  「何時間も外にでていれば通常時よりももちろん多くなるよねー」
  ということ。塵をつもらせなければいいわけと。

  ただ粒子という観点上、前の記事で書いた「ブルーシートで覆う」のは
  拡散の防止効果はあるものの、拡散を防止するという事はその場に
  とどまることになり推定ながらほぼ確定でその場の放射能濃度はあがる。

  粉塵などの様に考えれば拡散させることで濃度が下がるという基本は
  かわらんと思うので、雨が降ることで高い場所の測定数値があがると
  いうのは風で飛ばないかわりに発生地点の濃度があがるということ(ぽい)
  
7・今回の事故のそもそもの原因は

  地震が発生→一時間後くらいに津波が到達
  6号機のディーゼル発電機を除き津波により「ながされた」
  海水で浸水したのではなくディーゼルエンジン稼働用の重油タンクも
  含めて「なくなった」ので電力の復旧に時間がかかり、問題が
  拡大している(ぽい)
 
  東電が明確に発表しているわけではないものの原子力安全保安院などの
  説明から6号機のディーゼル発電機は生きているが海水の流入ルートが
  ないようなニュアンスの発言があったこと、発生後と発生前の写真で
  恐らくそれがそうだろうと思われるバックアップの施設が根こそぎない
  ことからの予測

  となるとやっぱり「修理」ができないので代替の物を運ぶかなにかしないと
  いけないんかなぁと。

  静岡の方の地震の情報の時に原発のデータで「廃炉」って奴が
  二つでてたんだけど、部品単位で移設できるようなら電源関係
  整備は移植できないもんかーとか検討もあり?

以上・てけとーに情報整理、てけとーなので読み流してください( ・_・)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。