勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/16(水)   CATEGORY: にゅーすから
だめだなこりゃ( '_')
緊急地震速報で二時半頃たたきおこされてたら夜討ちの様に
原子力安全保安院の会見がやっちょりました。

苦笑してます( '_')
まあどうしよもない時人間笑うしかないわけですが
「原子力安全・不安院」だなこの会見は・・・

問題点は明確
電顕が確保できていないこと

福島第一原発4号機の使用済核燃料の発熱の問題に関する注水方法としては
「放射線量が高く近づくのが難しい」というところが要点と。

とりあえずブルーシートでもかぶせっか('';)
100枚くらい。とりあえずそれで放射性物質の飛散を防ぎつつ
1~3号機については電源が回復されればなんとかなりそうだから
やっぱり洋上に巨大なジェネレーターを輸送、あるいは艦船から電源を
供給できる体制を作って電源を確保しないとあまりにも暫定措置で
落ち着いて復興体制に入れないし。

それに将来的には同様の事故が発生した場合に作業性を確保する
存在として・・・いや、現行の技術でも「確認」ならたとえば
キャタピラ式のラジコンにビデオカメラつけたような奴をつくるか
軽い作業で何とかなるならちょっとアシモつれてこいと。
(四号機の予備燃料プールが形式か不明なものの、プール上部が
解放状態にあるのなら蒸発する水量以上に水を供給するだけなら
大型の放水ホースではなくても、水道用ホースを蒸発量
以上に「何本も」いれれば量は確保できるはず)

もっといえば対放射能性を十分に確保できる大きさとパワーを
もったパワードスーツ、もしくはレイバーを本格的に作ってみる
のもありだなぁと(こっちは将来的に)

まあ状況が定かではないなら「そういう手」もあるはず。
確かどっかの大学で災害発生時に瓦礫の隙間に入れて要救助者を
さがすようなラジコンを開発していただろうし、レスキュー隊で
そういうもんもってるとこもあるだろうからょっと改造して
早急に確認。あとどっかの研究所は結構変なもの開発してるから
使えるものがないか打診・・・もしくはそういうもの作ってる
大学がありそうだけどなぁ・・・

状況把握ができないので「電力以外の民間企業の協力を募る」とか
早急に言った方がいいんじゃないだろうか。
少なくとも、福島第一原発は「廃炉を前提」にして発想すれば
いろいろやりようあるべさと。

今の動きは軟着陸と見せかけて「生きてる炉はまた再稼働したい」
というのが見え隠れするけど、世界的に同様な形式の旧式原子炉は
廃却の方向に向かうだろうからそんなこと気にせずなんでも
やれることはやっといた方がいいだろうなぁ・・・

焼け石に水ってことわざがあるけど
そのことわざ作った人は超古代文明で原子炉の事故とか
経験した人なんかねい( '_')・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。