勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/02/26(土)   CATEGORY: 仕事
バス横転事件
広島でバスが横転・・・事件( '_')?

勘一「保険出るんだろうが、保険会社からとんでもない請求
   いくんだろうなぁ・・・」
矢張「バスっていくらだ?。」
勘一「さぁ( ・_・)・・・軽く1000万以上しそうですが、バスの運航予定分の
   利益も上乗せ+賠償金もつくだろうから相当な額だと思う。」
矢張「んで無職と。」
勘一「おれらも就職氷河期世代だで気持ちはわからんでもないがなぁ・・・」
矢張「つっても就職苦労してなくないかおれら?。」←自営業
勘一「おいらは約8年期間社員だよ(´ー`)。高校卒業時には仕事は
   なんでもいいって警備会社の幹部候補生扱いで入社して道路で
   誘導棒ふってたし。」

矢張「あれは同級から最低いわれてたな。」
勘一「無駄に記憶力いいから覚えてる・・・まあ忍耐力をつけたかったのと
   アルバイトに近い給料できつい仕事ってどんなんかなと。ゲームとか
   マンガ、小説でもいいや。貧乏アルバイトとか貧乏予備校生とか
   そう表現されている若者になってみたかったのよ。」
矢張「あほだろ。」
勘一「なってみて思った。案外楽しかった。」
矢張「えー( ̄□ ̄;)!!」

勘一「車好きだったし、いかしてんなぁとか、あれは調子悪そうだなぁとか
   みつつ誘導もする・・・あれは案外いい暇つぶしだったなぁ。」
矢張「いやお前だけだそう考えるの・・・」
勘一「かもしれん。かもしれんけど、あの時の忍耐力や人づきあいの
   経験があるから今があるんだと思う。どんなにすごいやつでもさ
   大学を卒業した時点では社会人一年生で周囲は全員先輩なわけだ。
   もってるプライドとか無駄にしかならんし、その点3Kみたいな
   仕事を経験していると序列みたいなものが自然に見えるし
   暴力こそないけどはっきりとした人間関係がみえやすいし。」
矢張「おれずっと3Kだなぁ。」
勘一「お前の場合、仕事しようと思えば仕事できるやんか( ̄□ ̄;)!!」
矢張「・・・まあ、カメラ屋という職業自体なくなりつつあるよな。
   農業でもやるかな・・・」

勘一「しかし・・・そういってもそんな教育もそんな社会も、それを許す親も
   ないだろうね。せっかく高い金だした息子娘を警備員とか、ありえない。
   選択肢にさえない。本当は若い頃に苦労させろっていう格言は色々と
   あるのにそれを顧みようする親は少ない・・・ま、そういう社会だから
   っていうのもあるだろうけど。」
矢張「でも、そのゆがんだ社会に恨みごといってはみだしたら・・・終りだろ。」
勘一「まだ22だろ。先あるだろ。ちょっと寺いって修業させてくださいとか
   いってこいやと( ・_・)。そこで自分にたりなかったのが仕事じゃなくて
   仕事を選んで見る目しかなかった事だって気づいて欲しいねー」
矢張「・・・寺好きだよな。」
勘一「坊さん・・・嫌いじゃないんだよね( ・_・)・・・」
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。