勘一郎日記
暇つぶし( '_')
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/04(水)   CATEGORY: にゅーすから
難しい・・・
東京でTVを見ていたときの事。
北海道の方で起こった小六女児の自殺の事件で「遺書」の存在を知りながら教育委員会が一年間、放置していた件について・・・

「おくやみを申し上げます」

いや、それはないんじゃないかと。
製造業・・・と言うか、うちの会社あたり「三現主義」ってのがあるんだけれども現場、現物、現実だったかな?。
現実見てない言葉だろうと。

小六の女の子が自殺すると言う状況自体おかしい。
おかしいのには理由があるはずだ。

その中で重要な証言となる遺書の存在、内容はほぼ「いじめ」を指していると見てまちがいないとなれば・・・そりゃ問題になる。

問題となるというか教育現場、とくに「いじめ」という問題になると何故か「現実」が抜けることが多い。
「なかったことにしておけば波風が立たない」。

いやいやいや、そりゃ「教育」と言う現場に存在する「一番の問題」だろう。先送りとかなかったことにしといたらいつまでもなくならないっちゅうに・・・

子供に関しては個人の資質が・・・とか言ってられない。
感情の抑制があまりきかない時期に「配慮」できたら元々おこりゃしないわけだけど配慮ができないから起こるわけで、その配慮は大人がやってやらなきゃいけないし、配慮するからこそ「教育現場」のプロだろうと、教育で飯喰ってんならプロ意識を持てよと。

でも誰もやらないし、方針が・・・
って教育者の人もいるかも知れないけど、それを率先して改革していくから教育者で飯を喰う資格があるんじゃないかなぁ・・・

ま、言うのは簡単な話しなんだけども。
実際、現場も謀殺されているだろうし、管理側は書類整理で忙しいだろうし。
配慮が一応できるはずの大人を教育しようとするのでさえすごい労力なんだからどうしたって家庭の協力が必要になる部分・・・

その家庭では家庭内暴力が増えてるとか物騒な話しがよく聞かれている現状でそいつを改革せにゃならんと・・・

言うのは簡単、やるのは難しい。
もし自分が同じ立場にいたらもちろん難しいと思うからこそ表題の「難しい・・・」暇な人がいたらみんなで考えなきゃあかん問題で、みんなで解決していかなきゃいけないんじゃないかと。

NHKを見てると両親と一緒に暮らせない子供を引き受けた苦闘をしている里親の方の話し隣でやってますけど、こういう行動できる人はすごいなぁ・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 勘一郎日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。